≡ LeveL Motorcycle Company. ≡

レベルモーターサイクルカンパニー
カスタムバイクショップ
小排気量から大排気量まで車種を問わずカスタムします。
かっこいい物、製作承ります。
栃木県下野市下古山3251-2 Tel&Fax 0285-53-8518 携帯 080-5459-6508 Mail: level39jp@gmail.com

関東運輸局認証番号 第6-2712号
栃木県下野市にて営業中。
小排気量から大排気量まで車種を問わずカスタムします。
かっこいい物、製作承ります。

マフラー


こんにちは。
前回の、つづきでございます。



サイレンサーをつくります。
スーパートラップと言われる構造?にします。

この仕組みPaul Sandner Moller”さんが発明したそうな。。。
ま~何はともあれ画期的なしかけなの、このマフラー!

一昔前は、車、バイクは、この構造のマフラーであふれた事を思い出します。
初めて見たときは、そんな仕組みのことなんて、つゆ知らず、
ただ、ただ、見た目のインパクトにやられてしまいました。
だって、マフラーに穴がないんだもの
ふたがしてあってなんじゃこりゃ~って感じ。
R0018537
R0018538



側面にある隙間が排ガスの出口!
当時は、なななななにしてんのっ!
???

あたまのなかは、
はてなだらけ(・・?
これが、普通の反応ですよねぇ!



R0018539



スーパートラップ


マフラーエンド。
FullSizeRender

マフラーのインナー。
FullSizeRender
FullSizeRender

マフラーの先端部分。
特に意味はないし、手間はかかるけど、
テーパーの方がかっこいいと思い作る。
FullSizeRender
R0018442

エキパイとの接続部分。
バンドじゃなくて、スプリングで固定する。

普通はアルミサイレンサーだと接合部分は、鉄かステンレスがほとんど。
なぜかといえば、スプリングのフックは、鉄か、ステンレスで作るから!
アルミで作ると変形や摩耗ですぐ使い物にならなくなっちゃうのが理由。

ちなみに、アルミには、異種材質はほぼ溶接できないので、
先に書いたように、接合部をスプリングで止めるタイプは
鉄か、ステンレスになっちゃう。

で、結論は、接合部をアルミで作りたい。
バンドで止めるようにすれば何の問題もない。
けど、スプリング付きの見た目がかっこ良い。
      
接合部がアルミでフックの所だけステンレスで作ってみました。

どうでも良い事に、手間をかけられるのが、一品物、ワンオフの
良いところ
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


合体。
FullSizeRender
FullSizeRender

エキパイもせっせと、作って~
FullSizeRender


完成~。
R0018532
R0018533
R0018534

ノーマルフレーム、ノーマルホイールで、このバランス!
だいたいが、尻下がりになっちゃうのが一般的なので
この車両も実際フレームラインは尻下がりなんだけど
人の目は適当で、視覚効果でそうならないようにした
技あり仕上げです。
われながら、大変良くできたと思います。
よくやった、おれ
相変わらず自画自賛ですみません。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
マフラー穴無しかっこい~♡ラブです。

まだ、画像があったとおもうので
つづく。
それでは、




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんばんは。

今回も前回にき続きスポーツスターをカスタムした際の備忘録です。
マフラー製作です。




まず、フランジ部分(エンジンとの接合部)
から製作します。
次の画像は異径パイプを繋ぐためのアダプターです。
これ、普通に商品として売っています。
便利だ~🎶
エンジンから出たパイプ径を太くするのに使いました。
FullSizeRender

マフラーのフランジの止めの部分を作ります。
このリングも商品として売っています。
またまた、便利~。
絶妙な内径、外径になっていてピタリと
合います。
はめて、溶接ポン!
さすが日本製!
下の方に切り込みが入っているのは、びみょ~に
ルートを変えるための裏技です( ..)φメモメモ
FullSizeRender
FullSizeRender   

こんな感じ!
FullSizeRender


お次は、サイレンサーを作ります。
アルミ板を、くるくるっと丸めます。
FullSizeRender
FullSizeRender
サスペンションに干渉する箇所を切り取ります。
FullSizeRender
FullSizeRender
お次はエキパイ。
で、エキパイも、フランジ部と同じように
マフラー製作の材料が売られております。
色々な角度の曲げパイプがあり、お好みのパイプを組み合わせて
かんたんにマフラーが作れちゃうんです。
ただ、残念なことに曲げアールの大きさに限りがあり、
違ったアールにしたい場合は、一品物で作らなければなりません。
今回はエキパイを、大きなアールにしたかったので手曲げにて
対応いたしました。

IMG_0833



つづく~


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

↑このページのトップヘ