≡ LeveL Motorcycle Company. ≡

レベルモーターサイクルカンパニー
カスタムバイクショップ
小排気量から大排気量まで車種を問わずカスタムします。
かっこいい物、製作承ります。
栃木県下野市下古山3251-2 Tel&Fax 0285-53-8518 携帯 080-5459-6508 Mail: level39jp@gmail.com

関東運輸局認証番号 第6-2712号
栃木県下野市にて営業中。
小排気量から大排気量まで車種を問わずカスタムします。
かっこいい物、製作承ります。

製作

こんにちは。

若干お知らせが遅くなりました(-_-;)
3月27日発売の”CHOPPER JOURNAL”に
LeveL Motorcycle製作の2003年FXSTSが掲載になりました。
是非、書店で購入もしくは、ネットでポチって下さいましm(__)m

IMG_1119
IMG_1121
IMG_1122
IMG_1120
各部メッキにひと手間かけ、
艶を引かしてビンテージ感を出してあります。
ピカピカのバイクは時間が経過すると、メッキは剥げ、
各部の錆が目立ってきて、悲しい気持ちになってしまいますが
このバイクは、時間を経過するほどかっこよくなっていきます。
デニム&ジーンズと一緒の法則!

今回もNiceなバランスで仕上がってしまいました。
手前味噌な話ですみませ~ん

前回のつづきは、もう少々おまちを・・・


・・・つづく。
それでは、



にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんにちは。

はるうらら(^^)

ここのところ気温もほどよく上がり
作業場に空調設備がない身としては
だいぶ楽に作業できるようになりました。

ほんとうに気持ち良い日が続いています。

桜、シロツメクサ、菜の花、蝶、スギ花粉、春の甲子園、
つばめ、Bikenori・・・等々、
躍然たるさまに春の訪れを感じます。
ホ~ホケキョッ♪



さて、以前作業した2003年式FXSTSです。
フロントフェンダーの無い車両に乗ったことのある方
でしたら、よ~くご存じかと思いますが、
フロントタイヤから発射される、石つぶてや、
マシンガンのごとき水の跳ね上げで!
顔や、お気に入りの服がそりゃも~悲惨極まりない
大惨事になっちゃうことを!


そんな惨事をブレークスルーせんがために取付しました。
フ・ロ・ン・ト・フェン・ダ~


V-TWINから出ている物を加工し使用しました。
19インチ用。

156E987B-8497-4303-B8CD-2DCF5BD0E5ED

車両に合わせて、取り付け位置を確認。
C7034765-7FD5-4E79-844D-0ED1315FDD72


タイヤのアールとフェンダーのアールが明らかに違いますね~。
比較用に写真を撮ったつもりが思いっきりボケボケで
全然わかりませんけど(-_-;)
FullSizeRender

ちなみに、フェンダーとタイヤのアールが同じがベストかと
言われれば、”NO”と答えます。
車両によって同じが良いものもあれば、
不思議と、あえて違うアールにした方が、
かっこ良い場合もあるからです!


今回は、タイヤに合わせてアールを調整しました。
※フェンダーアールでお悩みの方はご相談ください。
既存のフェンダーアールを加工して小さくする事も、
大きくする事もどちらも作業可能です。
ど~やって加工するかはです。・・・って言うのはウソで、
知りたい方は教えちゃいますけど
FullSizeRender



つぎに、
狙ったところにフェンダーを付けるためのステーを作ります。
ステーも車両の雰囲気に合わせてクラシックな感じで!
FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

画像の様に、フェンダーのフチは普通切りっぱなしでもワイルドで良いのですが、今回は、きちんとフチを仕上げます。
俄然見た目が自然な感じになります。
(リヤフェンダー も同様です)
これ、お・す・す・め・!
・・・
って書きましたが作業画像がございませんでした(;´Д`)
FullSizeRender

・・・ので、いきなり仕上がり画像。
全然違うのわかりますか?
このナ~ッチュラル感!
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

他も少々お色直ししたので、次回でご紹介致します。


冒頭の文は昨日書きました。
”はるうらら”なんて・・・。
日が変わり、今日は白いものがちらほら落ちてきたり・・・
大丈夫・・・も~すこしだ。

三寒四温。
季節は春だ。

つづく




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング


こんにちは。
前回の、つづきでございます。



サイレンサーをつくります。
スーパートラップと言われる構造?にします。

この仕組みPaul Sandner Moller”さんが発明したそうな。。。
ま~何はともあれ画期的なしかけなの、このマフラー!

一昔前は、車、バイクは、この構造のマフラーであふれた事を思い出します。
初めて見たときは、そんな仕組みのことなんて、つゆ知らず、
ただ、ただ、見た目のインパクトにやられてしまいました。
だって、マフラーに穴がないんだもの
ふたがしてあってなんじゃこりゃ~って感じ。
R0018537
R0018538



側面にある隙間が排ガスの出口!
当時は、なななななにしてんのっ!
???

あたまのなかは、
はてなだらけ(・・?
これが、普通の反応ですよねぇ!



R0018539



スーパートラップ


マフラーエンド。
FullSizeRender

マフラーのインナー。
FullSizeRender
FullSizeRender

マフラーの先端部分。
特に意味はないし、手間はかかるけど、
テーパーの方がかっこいいと思い作る。
FullSizeRender
R0018442

エキパイとの接続部分。
バンドじゃなくて、スプリングで固定する。

普通はアルミサイレンサーだと接合部分は、鉄かステンレスがほとんど。
なぜかといえば、スプリングのフックは、鉄か、ステンレスで作るから!
アルミで作ると変形や摩耗ですぐ使い物にならなくなっちゃうのが理由。

ちなみに、アルミには、異種材質はほぼ溶接できないので、
先に書いたように、接合部をスプリングで止めるタイプは
鉄か、ステンレスになっちゃう。

で、結論は、接合部をアルミで作りたい。
バンドで止めるようにすれば何の問題もない。
けど、スプリング付きの見た目がかっこ良い。
      
接合部がアルミでフックの所だけステンレスで作ってみました。

どうでも良い事に、手間をかけられるのが、一品物、ワンオフの
良いところ
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


合体。
FullSizeRender
FullSizeRender

エキパイもせっせと、作って~
FullSizeRender


完成~。
R0018532
R0018533
R0018534

ノーマルフレーム、ノーマルホイールで、このバランス!
だいたいが、尻下がりになっちゃうのが一般的なので
この車両も実際フレームラインは尻下がりなんだけど
人の目は適当で、視覚効果でそうならないようにした
技あり仕上げです。
われながら、大変良くできたと思います。
よくやった、おれ
相変わらず自画自賛ですみません。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
マフラー穴無しかっこい~♡ラブです。

まだ、画像があったとおもうので
つづく。
それでは、




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんばんは。

今回も前回にき続きスポーツスターをカスタムした際の備忘録です。
マフラー製作です。




まず、フランジ部分(エンジンとの接合部)
から製作します。
次の画像は異径パイプを繋ぐためのアダプターです。
これ、普通に商品として売っています。
便利だ~🎶
エンジンから出たパイプ径を太くするのに使いました。
FullSizeRender

マフラーのフランジの止めの部分を作ります。
このリングも商品として売っています。
またまた、便利~。
絶妙な内径、外径になっていてピタリと
合います。
はめて、溶接ポン!
さすが日本製!
下の方に切り込みが入っているのは、びみょ~に
ルートを変えるための裏技です( ..)φメモメモ
FullSizeRender
FullSizeRender   

こんな感じ!
FullSizeRender


お次は、サイレンサーを作ります。
アルミ板を、くるくるっと丸めます。
FullSizeRender
FullSizeRender
サスペンションに干渉する箇所を切り取ります。
FullSizeRender
FullSizeRender
お次はエキパイ。
で、エキパイも、フランジ部と同じように
マフラー製作の材料が売られております。
色々な角度の曲げパイプがあり、お好みのパイプを組み合わせて
かんたんにマフラーが作れちゃうんです。
ただ、残念なことに曲げアールの大きさに限りがあり、
違ったアールにしたい場合は、一品物で作らなければなりません。
今回はエキパイを、大きなアールにしたかったので手曲げにて
対応いたしました。

IMG_0833



つづく~


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんにちは。

1月11日。
今日は鏡開き。
でも、筆者は年明け早々小腹がすいた時に、鏡開きを待たずおいしく頂いてしまいました。

鏡餅は、毎年よめの実家で用意してくれます。
ありがたいかぎりですが・・・
毎年1月11日に思うことがあり
・・・それは、
FullSizeRender
そ~です!
もちをパカッとすると、中からは
”ほんねんもよろしくっ”
緑のポチポチが、 顔を出し、
時には、黄色や、黒も入り混じり、
かってに、カビカビフェスティバルを開催しております。
今までは、やむなく処分してまいりました。

今年は、この案件に対し、かんたんに対処出来る事に気が付いてしまいました。
そ~です。
先にも記した通り、
フェスティバルが開催される前に
食べてしまえばいいのだと!
なぜ今まで気が付かなかったのか~ε-(´∀`; )

・・・"そこ、違うでしょ!"とおっしゃる方もいると思いますが、お気になさらない様お願い申し上げます。
おいしいお餅を、おいしく頂く事を第一に考えた、誠に勝手な考えで御座いますからψ(`∇´)ψ



さて、餅話はそこらへんにして、
前回の続きです。

まず、作り直したフェンダーの表面を
キレイにならしてから、
本体へ取り付ける為のサイドプレートデザインを考えます・・・
FullSizeRender
FullSizeRender

なやんだ結果、シンプルが1番!
普通かどうかわかりませんが、私的普通の形?に決定。
FullSizeRender  

形が決まったら溶接します。
FullSizeRender
 
お尻は若干ボブテイル。
わかりますか?
い~でしょ~(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
FullSizeRender

そして、最後にフチを仕上げます。

こんな感じでポイントポイントに
一手間スパイスを加えると、がぜん仕上がりが変わってきます。

カスタムをお考えの方、今真っ最中の方、ぜひ、お・す・す・め・で御座います。
(すでに仕上がっている車両でも施工は可能なので興味のある方は、ご相談ください!)

今回も自画自賛。
セクスィ~に仕上がりました~(^^)
FullSizeRender
FullSizeRender

バフ研磨して、ピッカピカ。
・・・後程エイジング処理しちゃうので今だけ限定のピカピカです。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

車種、排気量を問わず各種フェンダー製作承ります。

"焼いている、つきたてお持ちとかけて、至宝のカスタムプランと解く"・・・
どちらも、膨らみがちがうでしょ~!(๑˃̵ᴗ˂̵)

 それでは、
・・・あっ、冷凍庫内にお供えするのも
い~考えだ!( ̄+ー ̄)


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

明けましておめでとうとございます。
今年も精進してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

さて、去年に引き続き、スポーツスターカスタム備忘録を紹介してまいります。
今回は、フロントフェンダー製作です。
材料は、今まで同様アルミです。
まず、材料を、用意して適当にカットします。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

つぎに・・・
FullSizeRender
たたけ~♪たたけ~♪たたけ~~🎶
♪おいらにゃ~♪
なんて歌は知らない人がほとんどでしょ~か??
分かるのは40代後半?以降??
FullSizeRender
FullSizeRender

"スカッ"と叩きまくったら、フォローが大切!
優しくなでてあげます。
FullSizeRender
フォローが功を奏して今回は素直に落ち着いてくれました(^^)
FullSizeRender

形を整えて、
FullSizeRender
仮合わせ?
FullSizeRender
???丸いフェンダー(サイクルフェンダー)イケると思いきや、
ちとイメージに合いません(・・?)

い・さ・ぎ・よ・く。
作り直し。




たたけ~♪たたけ~♪たたけ~~🎶
♪おいらにゃ~♪
♪けものの~♪
♪ちが~~さわ~あぐ~🎶
FullSizeRender 

今度は、◯△□を織り交ぜてみました!
この表現わかりますか?

い~感じのよ~な気がしますが・・・?
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんにちは。

今年も無事一年を過ごす事ができました。
ひとえに皆様のおかげです。
ありがとうございました。m(__)m


さて、前回のつづきです。

とは言っても、
ホットロッドカスタムショー2018
直前の作業でバタバタしていて
オイルタンク製作過程の画像は、
ほぼございませんでした。

鼻歌交じりで作業していた頃は
パシャパシャ製作画像も撮っていたので
次回以降ご紹介したいと思います。

では、オイルタンク製作過程の
数少ない貴重な(;´Д`)画像です。

材料切り出し。
アルミです。
FullSizeRender

真ん中の突起がオイルの注入口で、その他三か所の突起がオイルタンクのマウントです。
黒い所が防振ゴムになっています。
FullSizeRender

車両に合わせて、大きさ、
デザインを決めます。
FullSizeRender

スポーツスターのシートが付いている付近の
フレームは、どうしてもお尻下がりになって
しまいます。

そうならない為には、リヤサスペンションをかなり長いものにするか、その部分だけフレームを作り直さないといけません。

この車両も、リヤサスペンションはノーマルより長いものに変えてありますが
例にもれず尻下がりになっています。

この種の車両は、お尻が上がっている方がかっこ良いので、フレームの作り直しも考えましたが、費用もかさむ為、視覚効果で上がっているように見える様がんばってみました。
如何でしょう?

シートカウル、オイルタンクの
アウトラインとあわせて、オイルタンク
の表面を板金して窪ませ、おしり上がりを
表現しました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

しかし、素材の表情を生かせるアルミは、バイク、車では、最高の素材ですな~。
セクシ~。
FullSizeRender

フロントフェンダー、マイクロナセル?、
エアクリーナーカバー、マフラーの製作過程も後ほど記していきます。

あわせて、EVOヘリテイジのカスタム状況も
ちょこちょこご紹介していきます。
IMG_0715

メーカー、車種を問わず、小排気量から大排気量までカスタムお引き受けいたします。

2019年度も引き続き、ユーザー様、業者さま、作業依頼お待ちしております。m(__)m

それでは、よいおとしを~






にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんにちは。
引き続き前回の続き、備忘録です。
今回はシートカウルの側面、テールランプ取付、細かな形成等をして
完成するまでを記します。

まず、側面にアルミ板を成形して付けていきます。
IMG_0683
FullSizeRender

FullSizeRender
IMG_0685
FullSizeRender

裏面も同じように作業します。
FullSizeRender
      ・ 
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・
で、いきなり完成です。(-_-;)
われながら、なかなかセクシーに仕上がったと思います。
自画自賛で御座います!
テールランプはガラスレンズで、真鍮のリングで止めてあります。
IMG_0690
IMG_0693
IMG_0689
FullSizeRender
個人、業者、
メーカー車種を問わず、シートカウル&シート製作、承ります。
(業者の方は業販価格にて作業致します。)


次回は、画像のオイルタンクの製作過程のご紹介です。

それでは、


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんにちは。
引き続き前回の続き、備忘録です。
シートカウルの取付部を作ります。
FullSizeRender
FullSizeRender
で、シートカウルを固定したら・・・


癒しの時間(^^)
時速220km位で北関東道走行中!
風圧に耐えながら、
両ヒザを絞り込むようにタンクに密着させ、
しっかりとニーグリップ。
五感を車体添わせ、エンジンのウナリを感じつつ、ハンドルを握り、さらにアクセルを開けていく・・・って、
ハンドル付いてませんけど~
(ー ー;)

作業の節目節目のお楽しみ!
恒例イメージトレーニング。
何処が節目なのかは不明ですが・・・?
だんだん形になって、
バイクに乗るとやっぱりうれしい(o^^o)
FullSizeRender

何時間もヤスリがけしてみたり、延々とハンマーで物を叩いたり等・・・

基本車両カスタムのお仕事は、だれもが実際の作業風景を見れば
”なんて地味な仕事なんだ”
と感じることでしょう!

でも、
筆者も含めてそれを生業としている人たちは、
実はそんな地味な仕事も至福の時間と感じています。

・・・
他の業者さんには直接聞いたことは無いので、
多分そうであろうと想像ですが!
・・・
実は違ってたりして(-_-;)





さて、シートカウル内にバッテリーを入れるので開口をあけます。
合わせて、画像の様にアルミ棒を曲げて、シートと、シートカウル合わせ面に縁を作ります。
こういった何気ないところで仕上がり時の雰囲気が俄然変わってきます!
・・・
以外になじんで気づかない方も多いのですが
(-_-;)
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

バッテリートレーも見えなくなっちゃうけど 
かっこよく製作。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

下面も貼っていきます。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


実際にシートを張るシートベースも作ります。
一般的にはFRPで作る業者さんが多いと思いますが、ここもアルミで作ります。
FullSizeRender
FullSizeRender

シートカウルとタンクへのつながりも仕上げていきます。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender



これにシートをはると~
ジャーン。
”BACKDROP Leathers”さんへお願いしました。
リクエストは、"本革で縦のタックロール"だけで、今回も、車両の雰囲気を伝え、全てお任せで作っていただきました。

いつも、期待以上のデザイン&仕上がりで帰ってきます。

筆者の無いセンス振り絞っても、間違ってもこのデザインはでて来ません(;´Д`)
やはり先人が言うように”餅は餅屋!桶は桶屋!シートはシート屋!と、それぞれのプロにお任せするに限りますな~。
IMG_0688

つづく。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんばんは。

前回の続きですが、
後にシートカウルを止める為のステーを作ったり、オイルタンクを作ったりするのでその前に邪魔?な配線や、バッテリートレー、イグニッションモジュール等を、取り敢えずバサバサ外しちゃいます。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

そしたら、製作スタ~ト。

まず上面製作。
これ、イングリッシュホイールと呼ばれている工具?
誰が命名したか、意味不明な呼名で、正式名称なのか一切わかりませんが、・・・板金においては、かなり便利な工具?なんです。
色々な使い方ができるのですが、画像は、ゴロゴロして、アルミ板を緩い球状に加工している所です。
FullSizeRender
FullSizeRender

下の画像が加工したものですが、(-_-;)
・・・板金をしたことがない人は、ありがたみが、全くわかりませんよね~!
FullSizeRender
背もたれ部分も、上面と側面の繋がりが自然になる様にアール状に加工します。
FullSizeRender
そしたら、合体。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

側面は左右対称にするので、型をつくります。
FullSizeRender
FullSizeRender

側面の板を切り出して、三次元に曲げます。
(軽い袋状にします)
FullSizeRender
FullSizeRender

形が決まったら溶接。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

いい感じ~。
そしたら、シートカウルの取付ステーと、バッテリートレーを作ります。

それでは
つづく。

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんにちは。
前回は、タンク上面、後端面、キャップを用意しました。
今回は、それらを板金し、溶接していきます。
合わせて、裏面も仕上げていきます。

パンチャーで、コックを取り付ける穴を
あけて、
FullSizeRender
FullSizeRender

縁をテーパーに、板金して、
FullSizeRender

溶接。
FullSizeRender
FullSizeRender
後端面の板も板金して、形を整えます。
FullSizeRender
FullSizeRender

で、溶接。
FullSizeRender
FullSizeRender

裏面も、作って、
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

裏面を溶接する前に、簡易漏れ確認。
ちょっと分かりづらいですが中に水を入れて、観察!
FullSizeRender
FullSizeRender

で、確認後、溶接。
(完成後、圧力をかけて最後の確認をします)
FullSizeRender
FullSizeRender

・・・角にアールを付けたくなったので、切り取ってみたり
FullSizeRender

テール周りも作業を始めます。
FullSizeRender

型紙に(カレンダー(^^))に形を写し取ります。
FullSizeRender

で、材料をカット。
アルミ、さ・い・こ〜
い~感じ。





それでは
つづく
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング

こんにちは。
前回のつづき。
工作の時間です。
ニーグリップが出来るよう斜線の部分をカットします。

R0018000

ニーグリップと言えば初めてハーレーに乗った時、
アメリカンは、がにまたで乗るのがかっこ良いと勝手に解釈し
足の開き180度位で、必要以上にガニって乗ったのを
昨日の事の様に思い出します。(-_-;)

そんな事はさておき、
名刀直徳!でちょきちょきと幅を調整し、
R0017999

膝の当たる個所をカット。
R0018001

貼りものを用意して、
R0018002

ビ~~~っと溶接。
R0018003
R0018004
R0018005

ギュイ~~ンと均す。
R0018006

今度は、左右のタンクをつなげるタンクの中央部を作ります。
材料を切り出して曲げるう~。
R0018031

仮合わせ。
R0018032

タンクキャップは以前CB72に使ったものが、かっこ良かったので
迷わずチョイス!

口金を作って、
R0018035


タンクキャップもとりあえず載せてみます。
・・・何か物足りないような・・・(-_-)?
R0018034

上面と、後端部のプレートに微妙なアールを付けてみました。
わかりますか?(-_-;)
R0018037
R0018036
R0018047

い~感じ。



・・・え?
・・・どこが???
と聞こえてきそうですが、くっつけます。
FullSizeRender



それでは、三連休お楽しみください!
次回へつづく。
see you. 

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

スポーツスターをカスタムしました。
1996年のXL1200Cがベースです。
IMG_2464





どこかの奇才のように、頭の中の映像を直接形にしながら
作業を進めることが出来れば最高ですが、筆者がそれをやってしまうと
どこかのウルトラマンや、どこかのガンダムみたいに、思いもよらない
方向に向かう事も懸念されるので、あとで修正が困難な作業は極力
ざっくりでも良いので目で確認してから実作業にとりかかるように
心がけております。
そのほうが、お客様も多少安心出来るのではないでしょうか?
中国ウルトラマン
フィリピンガンダム




今回は、こんな感じでスタート。
IMG_2526

で、立体化して確認。
R0017530
       ⇓⇓⇓
IMG_2615


形になると、イメージしていたものと、すれ違いがあり
変更になることもしばしば。

で、お次。
R0018146

IMG_3391+%281%29


今回はこのデザインで作業スタートとなりました。!(^^)!
出来れば、アッパーカウルも付けたい所ですが、現段階は
ビキニカウルで進めていきます。
お客様の気が変わることを願って(^^)/~~~


それでは材料を切り出して、加工していきます。
素材はアルミです。
ちなみに、フィニッシュは、アルミ地そのままの予定です。

まずは、燃料タンクから!
R0018007
R0017969
R0017970



次回へつづく。
それでは~




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村



ハーレーダビッドソンランキング

ご存知でしょうか?
HONDA DREAM CB72 SUPER SPORTS

cb72


1960年に発売されたオートバイです。
筆者はまだ生まれていない頃のマシン。
名車です!




そんな、ホンダCB72のタンクにMONZA(モンツァって読むのかな?)
メーカー名?、それとも、商品の呼称?かはよくわかりません。
勉強不足で申し訳ございません。(-_-;)
 お客様の依頼で燃料キャップを付けました。



こちらのタンクです。
R0018054


画像左のリングはGAS CAPのメーカーから販売されている物です。
右のリングは左のリングを嵌める為に作りました。
小さい穴は燃料を入れる際のガス抜き用です。
R0018056
R0018058
R0018059

高く盛ると真鍮のリングが奥まで入らなくなるので、リングの再外側
より内に入るように溶接します。
タンクが結構薄いので、ちと気を使います(-_-;)
R0018060



漏れの点検をして、
R0018061
R0018062


真鍮リングを嵌めて完成!(^^)!
R0018063
R0018064
R0018065
IMG_4654
IMG_4653
IMG_4652

俄然よくなりました。
ブリティッシュでレーシーな雰囲気超かっこ良いです!





ところで、きょう29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。
平年より22日早く、昨年より7日早い梅雨明けです。
関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてのようです。Σ(゚Д゚)!


梅雨明けを聞いたとたん太陽がやけに眩しく感じるのは筆者だけでしょうか・・・

太陽


しばらくは、体にこたえる暑さですので、体調を崩さないよう、お気をつけください。
それでは




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

ちょっとお知らせするのが遅くなっちゃいました(; ̄Д ̄)
プライマリーマガジンVol.41
11月24日(金) ON SALE!!
OLD SCHOOL特集に、当店製作の"The Mern Machine"が登場。


なんだか、色々おほめ頂きありがとうございます。
嬉しい限りです~。


実車は、現在ちょっとだけリニューアルしてますけど!
写真は今年の4月に名古屋で行われたカスタムサイクルショー"JOINS"の時に取材して頂いた時のものを使用したようです。
これが、現在の姿です。


今現在お待ち頂いてるお客様、もうしばらくお待ち下さい。

98ソフテイル。
ノーマルタンク、フェンダーリメイク仕様。

96スポーツスター。
オールアルミボディーで製作中。
スーパーカブ90。
かぶも、まじめに作ってます(≧∀≦)
それぞれ進行中です。
詳細な製作記は後程アップします。


メーカー車種を問わず、各種カスタム承ります。

それでは、

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

さて、前回のつづきです。
テールランプを製作します。

ボディーの材質を前回の真鍮から、アルミに変更して、作業を進めていきます。
材料を切り出して、くるっと丸めて筒状に溶接。

径が違うのでフランジ状にして合わせます。テーパーリングを作っても良いのですが、径の違いが大きくない場合は、丸棒をリング状にして使うと簡単に作業出来ます。 何を言っているか、よく分からないですよね!(笑)

で、先程フランジを付けたものと、残りのリングを溶接して、その後、研磨します。

蓋をします。

溶接。 
  

一般的に、こんな感じで完成にするケースが多いのではないでしょうか。
ですが、ここでは終わりません。
  

ここからがお楽しみですから・・・
更に形を作っていきますよ~♪

ローソクたてみたいですが、真鍮のワンポイントも作りました。
これで、一応ブラステールランプを名乗っても良いのでしょうか?

バルブ取付穴と、本体取付穴をあけて、

・・・大好きな研磨(ToT)/~~~。
真っ黒になるので、本音はあまりやりたくないんですけど。。。
ある意味自分磨きでもあります。

そして、
デザインは非常~に難産でしたが、無事素敵に完成しました。
メッキでは成し得ないこの艶めかしい佇まい。
素材の持ち味と、手作業ならではの微妙なアール仕上げと、なだらかな起伏の合わせ技です。
色っぽいですな~。

有機的な感じ!最高です!
今日も自画自賛で終了です。
どこから見ても、す・て・き!


 
KTO様この度は誠にありがとうございました。



メーカー、車種を問わず各種ランプ製作承ります。
どんな形がお好みですか?

それでは、

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

なんともかっこいい作りですね~!
・・・えっ・・・何が?と思ったでしょ~
この眺め、メカメカ感?、ボツボツ具合、色味、重量感等々!・・・
そう、高架橋です。
理解出来る方は、何人いらっしゃる事でしょう?
心への響き方、かっこよさの"ツボ"は皆違いますからね・・・
宇都宮市御幸町のとある場所です。
ほんと、どーでもいーネタで申し訳御座いません。
この気持ち解る方募集中です。

さて、
今回は整備性改善の予定が、少々道がそれた?そんなお話です。

車両は、ロードホッパーType1。
ノーマルテールランプにオプションの真鍮のリングが付いています。

カッコいいですね~。
でも、球切れの時、真鍮のリングをいちいち外さないと、なかなか球が交換出来ないのが、たまにキズなんです。
しかも、このリング、両面テープで止まっているのでその都度、テープを付け直すのが面倒!
それを改善するべく作業開始。

そこで、名案。
登場!ホースバンド!
こんな感じ。。。
これで、テープ要らずで、球交換もらっく楽!

のばずが、いざやって見ると、球交換は格段に楽になったけど、真鍮リング、ボディ本体、ホースバンド、それぞれの位置を合わせて元に戻すのが、結構面倒!
そして、見た目がある意味ワイルド。

じゃ~作戦変更で
"真鍮を外さなければ楽だから"・・・の訳の分からない理由で、ボディーを真鍮で作ればベリーグッドじゃないですか~!と、かなり無理矢理な閃きが・・・ここで道がそれ・・・テールランプ製作に突入しました。
早速、材料を切って丸めて・・・

丸棒を溶接し縁を形成して・・・
・・・・しかし、何度やっても馴染めませんね〜
やった事のある方であれば分かると思うのですが真鍮の溶接は・・・体に悪そうなガスが、ボウォア、ブウォワッ、ボシュッ・・と結構出るんです。
しかも、なんか変な味はするし、においも変だし、
家に帰れば、くさいくさい言われるし・・・

今回も例にもれず、ガスがボウォア、ブウォワッ、ボシュッ・・と 
・・・気が付き換気して、溶接マスクするも、すでに気持ち悪く、
学習できない自分がいやになる始末。
( ´Д`)y━・~~⤵
真鍮ロウ付けは、スウ~ッスウ~ッとロウが流れて、気持ちいいんですけどね!

・・・ふと、思ってしまいました。
ボディー全部が真鍮とゆうのも、せっかく作るのに、捻りが足りないな~・・・
如何なものかな~・・・と、
で、結局作り直す事にしました。 
当然です。
メカメカ感が無く、艶も無い感じが、筆者の心には響きませんでしたから。。。。 


造形を筆者お任せで御依頼頂いた場合よくあるんです。こうゆう事。
う〜〜む〜・・・
難産ですな~( ̄+ー ̄)
"楽にやれる商売はないが、楽しくやれる商売はある。"
By:本田宗一郎



それでは、
つづく。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

昨今、オートバイのカスタムシーンで、サイドナンバーは、一般的なものとなっています。

ところが法改正があり、取付の仕方で、保安基準に適合しなくなるケースが出て来ました。
ナンバーを、横置きに付ける分には何の問題も御座いませんが・・・
縦に回転させて付けるのがNGになってしまいました。

・・・と言う訳で、この"Mern Machine"も、これだけシートカウルが短くなると、考える余地もなくサイドナンバーにしたい所ですが・・・
2017-06-10-17-21-44
ですが、先に書いた様な法的な制限があるので、縦はまず却下。
すると横向きになるのですが、好みに合わないのと、オートバイを押す時に意外と邪魔で
・・・これも却下。
・・・で、必然的に付ける場所は、タイヤの後ろに!

これからナンバー取り付けのスタンダードに成るでしょうか?
・・・サイドナンバーならぬ、テールナンバーが???





ナンバーステーを製作しました。 

材料は、ステーを片持ちにするので、軽いアルミを選択しました。

R0017455


棒と板をくっ付けて仮合わせして、様子を見ます。
・・・い~感じ。
なので作業を進めます。

整形していきます。




このままでも十分満足ですが・・・
さらに、じみ~に形を整えました。
わかりますか?




磨いて、


ナンバー灯の配線は中通し出来るようになってます。

エイジング処理をして、フィニッシュ。
R0017547

反対側から見てもステキ♡






全方向どこから見ても良いように製作しました。 
・・・テールナンバー??


TTI様、いつも、おまかせで作業させて頂き、本当にありがとうございます。


メーカーを問わず、各種ナンバーステー製作承ります。


あなたは、どんなナンバーステーがお好みですか?

それでは。





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。  


11月24日発売のprimary(プライマリー)の
OLD SCHOOL(オールドスクール)特集に、
筆者製作のミーンマシンが登場。。。。する?

そんなお話を頂き、何気に過去のブログを見かえしてみると、
いくつか製作記を書き忘れていることに気が付きました。

そんな訳で、フロントフォークカバーを作った時の記録。

材料は、アルミです。

グライド風フォークカバー♪♪

・・・・・

・・・・・?
頭の中では超かっこ良かったはずなのに・・・?
形にすると、びみょう~な出来ばえですな~。

気を取り直して・・・・・・おっ、
おりて・き・た・・・?
・・・アイデアの神様~。
"く〜う〜つ〜けろ~"とのお声が・・・
声が聞こえる筆者は病気でしょうか?

♪♫

(^^♪
エイジング処理して、
お~い~~かんじ!
鎧チックでかっこいい~

で、ベイエリア・チョッパー&カスタムサイクルショーの一コマも!


ん~。
す・て・き。
自画自賛。




11月24日発売のprimary(プライマリー)には、
今年の4月に名古屋で開催されたカスタムショー
"JOINTS"で取材した物を使うらしいのですが、
ページ割りは、小さい枠か?、大きい枠か?・・・
・・・いずれにしても、ありがたい限りです(๑˃̵ᴗ˂̵)
編集部 所さん ありがとうございます。



次回は、ナンバーステー製作の記録。
それでは、

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村



ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

"あちらを立てれば、こちらが立たず"と言いますが・・・

大半の人は、"ウンウンウン"と、うなずいてる事でしょう。



ロードホッパーType2i。
チャボエンジニアリングの木村さんが、
ゼロエンジニアリング時に、デザインして出来た車両です。
とてもカッコ良いですね~。

でも、タンク容量はといえば・・・
カタログ値 7リッター。

高速道路、地方の山道・・・
考えただけで、ドキドキしちゃいます♡
ガス欠寸前のモヤモヤ・・・は、弱い気持ちを、 じわりじわり鍛え直してくれます。




そんな訳で、航続距離を伸ばす為に、スタイリッシュなタンクを外して、
容量の大きなタンクに交換します。

方法に決まりは無いので、新たにお好みの形で作っても良いですし、
既成品を使っても良いと思います。

今回は、既成品を使って作業して行きます。
もともと、ロードホッパーType2iはハーレー純正のフューエルポンプを使用しています。
なので、ハーレーのフューエルポンプ付きタンクであれば、
ウルトラ、ダイナ、ソフテイル、スポーツスター、どれでも簡単に、使う事が出来ます。
(1999年以前のMagneti Marelli のユニットを使用している場合は、作業が異なってきます)




で、お客様のリクエスト。
①容量アップ。
②タンク形状は元と同じような形。
③取付時はフレームをいじらない。
④ハンドルの切れ角は変えない。


①②にを満たすためにハーレー純正3.3ガロンタンク約12.5リッターを使います。
③を満たす為に、タンクの取り付けステーは活かしつつ、フレーム⇔タンク間にそれぞれに合うステーを作りました。
④を満たす為に、
タンク後端を加工します。選
んだタンクは、元の物よりタンク長が長いので、後方にずらした時、シートに当たってしまうからです。

フレーム⇔タンク間ステーの製作画像は、撮影したと思ったのですが、どうも消してしまった???ようです。なので、参考にする方は、ちらりと見える画像でイメージして下さい。どうしても知りたい方は、お気軽にご連絡ください。

なので、タンク加工していきます。
当たる部分を切断します。
IMG_2644 - コピー




後部取付け。
IMG_2723

前部取付け。
IMG_2724
R0017616
R0017617

穴を埋めます。
R0017626
R0017627

タンク内に圧力をかけて、リークテストをして、次に、タンク内が錆びないようにコーティングします。
それが、すんだら、ペイントしてフィニッシュです。


KSG様、ありがとうございました。

メーカーを問わず、各種タンク加工、製作、承ります。
どんなタンクがお好みですか?






にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

またまた、台風がきてますね、
筆者のいる栃木県下野市は、前回21号による大きな被害はありませんでした。 
今回も何事もないと良いのですが・・・
ほんっと毎週いやになっちゃいます。

筆者、しとしと雨は嫌いではありませんが・・・


さ~前回のつづきです。
ジョッキーシフトレバーを作っていきます。
いつとも同じく、削って、曲げて、付け足してを繰り返し、
お好みの形に仕上げます。 
あなたの、お好みはどんな形でしょ~
R0017123

製作途中の画像が無い事にビックリ!
製作方法に興味のある方は、以前作った
"鉄のバイク シフトレバー製作編"とほぼ同じなので、ご覧ください。


で、出来たものを磨きます。
R0017127

ピカピカ!

で、ワンポイントとして、真鍮のドットを埋め込みました。




バイクに付けるとこんな感じ。
R0017134


ところで、
シフトレバーは、鉄や、ステンレス等の重い鋼材で作られている物が、殆どだと思います。

スリムに作るのであれば、鉄、ステンレス等の細い無垢棒が、強さもあるので適していますが、
ボリュームを持たせたり、レバーを長くする場合は注意が必要です。
重い物だとミッション内のスプリングが、重さに負けてしまい、レバーが勝手に動いてしまう事があります。

そんな場合は、アルミで作ると、シフトフィール最高ですよ〜。
カチッとなりますから!
明らかに違います( ̄+ー ̄)


最後に車両の雰囲気に合わせて、エイジング処理をして、フィニッシュ!
IMG_4937 - コピー - コピー


各種レバー、ペダル製作承ります。
ちなみに、下の画像はツインカム・ソフテイルのノーマルシフトペダルと、ノーマルシフトリンケージに、ちょい足ししたものです。
R0017434                              
R0017433 - コピー - コピー
ツインカムオーナーの方はご自分の物と見比べて下さい! 
如何でしょうか? 


些細なことで表情は変わります。
さらに一歩進んで、人と違う逸品に仕上げる"ワンオフ"の世界に足を踏み入れるのも一興ではないでしょうか!



それでは。

※このブログ内で製作したシフトレバーをアルミ鋳物で試作し只今ヤフオクで販売中です。
量産も考えておりますがまだ先になると思われます。
ご興味がある方はこの機会に如何でしょうか?



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。 


今回は、この車両、ショベルFLHの、
オープンプライマリーへの改造と、
ジョッキーシフトレバー&スーサイドクラッチの製作を行います。

まず分解。
ついでにミッションプレートもベルトやチェーン調整が簡単なサンダンス製に変更します。
なので、ミッションも、いちど取り外します。

 
ミッションプレートを付けて、ミッション装着。
チラッと見えるロゴがさりげなく主張してますね。

で、これっ!

・・・チェーン。


オープンプライマリーだと、ベルトにするのが一般的ですが、今回はチェーンです。

かの有名な、男塾塾長 江田島平八
も認めるかどうかは、分かりませんが
漢(おとこ)らしい仕様となっております。

チェーンは、チェーンオイラーからのオイルをストップするので、ノーマルのノンシールチェーンから、シールチェーンに交換します。

のびたラーメンは食べられても、のびたチェーンは頂けませんから(;´д`)

クラッチハブは元の物を使います。
クラッチシェルに付いているセルモーター用のリングギヤは、回転時危ないので取っちゃいます。
・・・オープンプライマリーでチェーンと言う仕様も、じゅうぶん危険ですけど・・・。




ドライブスプロケット。
著しく摩耗して、山も欠けてます。


右が新品。





で、部品の点検もしつつ工作していきます。
ショベルをフットクラッチにするとき、ロッドを介してクラッチの断続するのが一般的ですが
今回は元のワイヤーと、シフトリンケージを加工して使います。


切って、
R0017106

曲げて、


先程切り落としたシャフトも、加工して使います。
エコですな〜。

出来たのがこれ。

で、お次はワイヤー。
まず切る。

で、いつの間にか完成。 

付けるとこんな感じ。

シフトペダルのストッパーを付けます。
みなさん・・・付いてますか〜ストッパ〜。
レリーズベアリング痛めますよ〜。

施工箇所、どれだかわかりますか?
一応、ペダルが踏まれた時と、戻った時それぞれ調整出来る仕様です。
分かりづらいですネ。
ネジは、後程交換します。
R0017350
R0017351

ボードが使えるようにステーを、製作取付け、


お次は、シフトレバーをつくります。
材料はアルミ。

ここらへんかな〜
なとど、考えつつ ・・・


次回へ、つづく。



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

前回につづき、マフラー製作です。

ヒートガードをマフラーに付ける際、ネジを、そのまま付けると
下の漫画の様に、ネジの座面が浮いてしまいます。

それと、マフラーとヒートガードに隙間を作るのに取り付け部に厚みを持たせる必要があります。


そこで、画像の、カラーを作って、ヒートガードに、取付けます。
R0017670R0017671

黄銅ロウを使い、隙間を埋めつつ、取付けていきます。
黄銅ロウを使うと、母材、部品とも歪まず作業できます。
R0017677

少し話がそれますが、カスタムタンク、フェンダー等の取り付け部も、アールがあるので、
こんな感じに、ひと手間掛けてあげると自然に仕上げる事が出来ます。


さて、
ふちを仕上げていきます。
丸棒をくっ付けて、同じようにロウを流し、形を整えます。

とてもステキに出来ました。
自画自賛です。
にゅるっと感が、いいーですね~。
画像では、適当なネジが付いているので、後程ちがうものへ交換します。
仕上げには、クロームメッキをかけました。
IMG_2835IMG_2837

ネジ部に真鍮の座金を作って、真鍮のマフラーエンドを付けて、フィニッシュです。
とてもステキに出来上がりました。
まんぞく♪ご満足♫
SUM様ありがとうございましたm(__)m
R0017736



メーカー、車種を問わず、各種マフラー製作承ります。
それでは、







ハーレーダビッドソンランキング

こんにちは。

近づいてます。
台風21号。

・・・・

以前から思っていた事ですが

"号"がつくと、なんか言葉のポテンシャルが、上がりませんか?

鉄人より、鉄人28号
アポロより、アポロ18号
コントより、コント55号

・・・筆者だけでしょうか(;´д`)


さらに、"号"の奥深さ。
番号・順番。多数のものを整理するために順番に割り振る数。→1号〜
・鉄道、バス、船舶どの乗り物の愛称につける接尾辞。→〇〇号
・称号
・ケーキの大きさ
・指輪の大きさ
・服のサイズ
・道路
等々・・・
そう、世の中は、"号"に溢れています。


・・・
はい。
どーでもいい話ですね(;´д`)





さて、今回は、下の画像の様なマフラーを、作って欲しいと、製作依頼です。
かっこ良いですね〜。




それでは、スタ〜ト。
まず、パイプを、切って繋いでいきます。

上から見た時も、立体感を出すために、マフラーエンドを外に向けます。


ある程度形になったら溶接します。

均します。

次にヒートガードを作っていきます。
参考画像と、同じと言うのも何なので、違う感じで、作らせて頂きました。


マフラーと同様曲げパイプを、切ってパイプに合わせていきます。

綺麗にピタッと合いました。


・・・後ろ側はと言うと、
アールが、ビミョーに合わない箇所を、切断して微調整しています。
影の努力をプチ疲労披露。( ̄+ー ̄)


ノーマルはヒートガードをバンドで止めますが、せっかく作るので、もちと粋な止め方に!

雌ネジのソケットをつくって、マフラーに付けます。




次回は、ヒートガードを、更に加工していきます。

それでは、皆さま、台風21号には充分にお気お付け下さい。
くれぐれもバイクには、お乗りになりませんようにm(__)m


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ハーレーダビッドソンランキング


"スクランブラー
 "ご存知でしょうか?

スクランブラー
とは元々はオフロード専用モデルがなかった当時、オンロードモデルをベースにアップマフラーやブロックタイヤを装備して荒地を走れるようにした改造モデルのこと。

スクランブラーといえば、筆者の中では外せない部品!
 
それは・・・

ロアカバー?
アンダーガード?
アンダーカウル??
・・・"JOINTS"出展車両"The Mean Machine  Scr ambl er "の下に付けるカバーを作りました。

さ~スタート。
いつもと変わらず材料を用意。

けがいて、まるめて、・・・ その他小細工をしつつ、

箱状に、



仮合わせ。

反対側も、同じように材料を切り出して仮合わせ。


でかっ(゚д゚lll)

短く切りながら、形を整えていきます。
んーだんだん良くなってきました。

さらに仕上げていきます。
用意したのはアルミの丸棒。

で、この丸棒をクリアランス、バランスを見ながらくっつけます。
これで、立体感を演出します。

仮付けしたものを本溶接。

いー感じ。

バフ研磨。
正直、真っ黒になるので、嫌いな作業です。
が、そんな感情を押し殺して、自分を磨くためにも、バフがけをして磨きます。
w(゚o゚)w オオー!

でも磨いた後は、メッキにはないなんとも上品な質感と輝き。
磨く前の嫌な気持を帳消しにしてくれます。
ステキだぞ! ア・ル・ミ。
そして、中央にも、真鍮でアクセントを付けてみました。・・・ステキ!真鍮~
さらに、となりには、マフラーの逃げガッ! 左右非対称がカックイ~。
情緒不安定一歩手前でしょうか?(;´д`)
R0017465



その後エイジング処理を施して、車体とバランスをとっていきます。

い〜色だ〜。
エクセレント~。
R0017470
R0017476


テール部も立体的に。



最高です。
粋ですな~


とても素敵に出来上がりました。
今回も自画自賛で作業終了。
とっても満足♪ ごまんぞく


各種カスタムお引き受けいたします。


にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

こんにちは。

前回の、ベルトカバーにつづき、チェーンカバーを作ります。

今まではオーソドックスな板のタイプでした。
自分で作っておいて言うのも何ですが、これはこれで、良く出来ていると思います。
材質ステンレスでエイジング処理、各部ステンレスリベット留め、真鍮ドット埋め込み、とどめにお尻のステンレスチップ。
捨てちゃうのもったいないですが先に進まねば。
 

カスタム車両の多くは、ほぼこの板のタイプか、付いていないのがほとんどです。
それはそれで、カスタム感があってかっこ良いのですが、
今回コンセプト(いつからあったか知りませんが・・・)は"普通の感じ" 
 で作っているので、フツーのを作ります。
(どこが?と思う方もいるかと思いますが一応そうゆう事になってしています。)

 
まず、アルミの板を丸めて端の部分にアールを、つけます。
ここから、さらに細かく形成していきます。

 
 
車体に合わせて 具合を見ます。
フツーで良いですね。
もう一息。

・・・さらに、加工していきます。
フレームの、逃げを作って、その他、細かな所を、切り取ったり、付け足したりして、メリハリを出していきます。
・・・うん。ふつう。

・・・さらに加工して、ステーも作って磨き、きれいになったら、おきまり、エイジング処理を施します。
 
ふつーの形です。
いい~。
Good。 
自画自賛です。
 
そうこうしているうちに、シート屋さんから連絡が入り、打ち合わせです。
打ち合わせと言っても、車両を見ていただきシート屋さんのセンスに、ほぼ、お任せ!
この段階で既にかっこいい!
"餅は餅屋"と言いますが"まさに"痛感です。
今回は、日本屈指のカスタムシートファクトリー"BackDrop "さんに作って頂きました。
作業途中画像 と出来上がり画像:BackDropさんブログより)
仕上がり具合、最高です。 
宮崎さん、ありがとうございました。 


 

あと、今回リヤフェンダーを取ってしまったので、フェンダーで隠れていた、
オイルタンクの後ろが丸見えになっちゃいました。
丸見えだとのぞかれちゃうので、カバーを作りました。

のぞかれちゃう仲間の、フロントフェンダー裏側と、同デザイン。
一般的にペラの板が多いようですが(あんまり見えないからそれが普通ですよね。)これは、箱状になっていて、ちらりと見える側面もなかなかグ~。
そして、エイジング処理もぐ~。
でも、ほとんど見えない(;゚Д゚)


さーお次は・・・


つづく。


  にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

こんにちは。

前回の、つづきです。
 ・・・ちょっと、材料を大きく切りすぎましたね(汗)
さてこれからどうする・・・?
あちこちから眺めて・・・
R0017370


切って、削って・・・
R0017374


ほぼ形に!
突貫工事につき途中画像は、ごめんなさい。
で、ベースになる部分も作って、車体に合わせて様子を見ます。
んー良い感じ。
満足。

いい感じになったら、磨いてピカピカ。

ピカピカになったら、他の部品同様エイジング処理を施し味を出します。

おー
とても素敵になりました。


お次は、チェーンカバーだ。



つづく。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

こんにちは。

前回の続きです。

ジャカジャカジャ〜ン。
降りてきた神様は〜ベルトカバー(シュラウド)の神様でした!

以前フロントプーリー側を作って、リヤ側は何も無い状態でしたが、やっとリヤ側も降りてきました。
型紙(カレンダーですけど)で大体をイメージ。

材料を切って形成していきます。

とりあえず合わせてみて・・・

いろんな角度からながめて・・

・・・・・

・・・・・・・・・・?

違う神様が降りてきてしまった様です。(-_-;)
さようなら。 
作り直します。


さー材料を切り出して・・・



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


こんばんは。

記事では、なかなか表現しづらい事。
それは、考える時間。
サクサク作っている様に思われるかもしれませんが、実は、作業している時間より考えている時間の方が長いんです。

形であったり、取付方法であったり、空気感…等々。

結局

煮詰まる事、ひじょ〜に多いです。
で、ある時降りてきます。。。閃きの神様が!

なので、 それまでフラフラと、あっちやったり、こっちやったりの、落ち着きのない有様になっちゃいます。 
それぞれの神様が落ち着きなくやってきますから(;´д`)

と、いう事で、
シートカウルと並行して、こまごまと幾つか部品を作りました。

まず、フロントフェンダー。
不思議と、このての車両はフロントフェンダーが、ほとんどと言っていいくらい付いていません。
なので付けちゃいます。
個性的に!

型紙を作ってから、

材料(アルミ)を切り出して、
 
リブなんか入れて見たりして、
 
フェンダーのアールに合わせて、
 
形を整えて。。。さて、これ、なんでしょ〜?
 




これ、フェンダーの内側に貼っちゃいます。
我ながら目の付け所が違いますねー。



て言ってっ・・・・そもそも、
誰もそんな所、
み・ま・せ・ん・ねっ・・・∑(゚Д゚) 
 


さて、次。
材料を用意して、

けがいて、ハサミでチョキチョキ♪

 で、板金形成。
さて、笹かまみたいな、これは〜~なんだっ! 
 
磨いてみて、 ・・・きれいなままでは終わりません。
後程、エイジング処理を施しステキな風合いに!
 


答え。
こんどは、フェンダーの表側にペタッと! 
アクセリー的要素とフェンダーステーを兼ねています。 
我ながら変なセンス良いセンス。


で、車両に合わせてみて…

取付ステーを、バチバチッと、施工。

 
  FullSizeRender
FullSizeRender
さ〜次に降りてくる神様は…。


つづく。




 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

こんにちは。

4月7日。
朝はあいにくの雨でしたが、お昼前には桜が映える絶好の快晴になりました。
娘の入学式。
なかなかの好スタートです。


10代の、このうえなく大切な三年間。
すてきな時間になると良いですね。

父は精一杯応援します。





さて、前回のつづきです。
シートカウルにフレームと合体させるためのベースプレートを付けます。
取付ネジの逃げも合わせて作ります。
 


フレーム側も取り付け部を付けます。




お次は、シートパン(実際にシートを張るベースプレート)を作ります。
シートカウル本体と同様、FRPではなくアルミで作ります。

シートを張ると結局見えなくなってしまいますが金属がいいんです。
子供の頃、プラモデルに金属パーツが入っていると、みょうに興奮した事ござませんか?
オールダイキャストなんて、もう、もったいなくて作れなかった。。。。
そんな感じ。。。。。。わか・・・ら・・な・い?
少々"おたく"はいっていますか?(-_-;)
・・・まーそんなことは、おいといて、
R0016993






びみょうな所ですが、若干シートの前部をフレームにかぶせたいので、巻いておきます。

 
フレームの逃げを作っておきます。


シートパンとフレームの固定用のタブと
取付プラグ(メネジのカラーみたいな物)を施工します。








 

ここまでできたら、シート屋さんにシートを張ってもらいます。
いってらっしゃ~い




つづく。 



  にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

春の到来は、三寒四温。
こんにちは。


東京では桜も開花して春到来。

が、今日は・・・みぞれまじりの雨に風。

さむい。。。



でも、
そんな寒さのおかげで、今年の栃木県の学校入学式はきっと、サクラが咲きほこる式に
なるでしょう!・・・なると良いな!
 

4月7日は筆者も入学式出席の為、お昼過ぎの営業となります。
宜しくお願い申し上げますm(__)m 












さて、つづきです。
前回あらかた作った物を合体させる前に表面を均しておきます。
RIMG0033
RIMG0035

合体!
RIMG0037
RIMG0038


 ビードを削ってきれいにします。
RIMG0048

削ったあと。

ビード(もこもこした山状の所)の両ふちには微妙にくぼみが!
筆者の溶接技術ではこんなもんです。(-_-;)

仕上げが塗装であれば通常パテで埋めて終わりですが、今回は金属の質感を生かした
表面処理で仕上げる為、きょくりょく均します。

板厚が薄いので一つ一つ引き出して仕上げていきます。
じみ~な作業・・・
RIMG0042
RIMG0043
RIMG0044
RIMG0045

きれいになった所で、上面ふちのアールを側面のパネルにつなげる為、板金してアールを形成します。
R0016940
R0016942
R0016943


つぎに、質感向上、強度アップもかねて背もたれ部分を作ります。
R0016955
 
あわせてみて~
R0016956
 
も~ひといき!
R0016957
R0016958

できたら、合体! 
R0016960
R0016961
R0016962
R0016964
R0016965
 
R0016966

余分なところを切り取って・・・次回へつづく。 


それでは、 



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

こんにちは。

毎日寒い日がつづいて、ほとほと参ります。
寒い地方の方からすればなんとゆうことも無いのでしょうが・・・

筆者は、以前、寝るときは冬でも足を出して寝ていました。
それが、数年前に椎間板ヘルニアを患ってからは足が異様に冷えを感じるようになり
今となっては、電機敷毛布の助けがないと眠れないありさまです。(ToT)/~~~
とうぜん日中も 冷えに耐える日々を送っております。

なので・・・
年が変わって、ほぼ毎日、店のシャッターを閉め切って作業しております。 
軟弱ものと呼んでいただいて結構で御座います。(T_T)
営業はしておりますので、ごしんぱいなく! 
春が待ち遠しいかぎりです。



さて、前回のつづきです。
板金の指標になる木型を作ります。
のこぎりで切り取ります。

もう少し高さが欲しいので、ちょい足し!
これ、木型の良い所! ボンドでチョチョっと手直しが出来る!

R0016881

で、型が出来たら鉄板を切り出します。
これが、上面のアール部分。(・・・になる予定)

 そして、側面。(・・・になる予定)


そしたら、”ぱかぱか・・・ぽかぽか”叩いていきます。
おもちゃみたいなハンマーですが、おもちゃとの違いが判りません。
マレットと呼ばれています。
木琴にも使えます。・・・ちとデカいですが。
R0016885

端っこは絞って丸めます。
シュリンカーとゆう工具と当金を使います。
R0016936
R0016884


ヘコミを直す為と、鋼板に3次元的なアールを作るために㊙板金ハンマーと、イングリッシュホイールとゆう工具を使います。
この、㊙板金ハンマー、なんと均しの際、利き手の反対で叩いても、目をつぶって叩いても、まったく
鋼板に傷をつけることがないとゆう不思議なハンマーなんです。
このすごさ、わかるかな~?
興味のあるマニアックな方は、ご連絡ください。
弘法筆を選らばずと言いますが、凡人の筆者は、工具で腕をカバーすべく便利工具を使っちゃいます。

R0016935
R0016891

仮合わせ。
R0016883
R0016892
R0016893

つづく。
それでは、






 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

こんにちは。

年も変わり、ヤプログからライブドアブログへ引っ越してまいりました。
頭の中身は変わっておりませんのであしからずΣ(゚д゚;)
本年も宜しくお願い申し上げます。 
前回までは”今までのBLOG” をご覧ください。
今までの記事も無事引っ越しできました



寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか ?

うちの子供たちの中学校では、只今”インフルエンザフェスティバル”が開催され
学級閉鎖アウォード(AWARD)を受賞するクラスが続出しています(;゚Д゚)
 

筆者は賞と言えば”参加賞位しか受賞した事がございませんが
一度は、違った”賞”を受賞してみたいものです(-_-;) 



さて話は変わり、筆者製作の”The Mean Machine”を改装?改造?する運びに
なりました。
R0015592
R0016527

 プロジェクト”The Mean Machine Cafe"?

今回はテールセクションの改装です。
R0016848



まず分解してイメ~ジ!
R0016863



ボール紙を駆使して趣味レーション!
R0016870

R0016873

以前お客様からこのボール紙を、変な紙と言われた事が御座いますが、確かに変な紙だと
思います。
アナログ大好きです。
紙はペシャンコですが、筆者の眼前には、まさにVR(virtual reality)のごとく3D映像が
広がっております。
頭の中身はデジタル?なのでしょうか?


R0016874



さて、今回の改装で、も~見えなくなってしまう、オイルタンク内のバッテリーカバー
にさよならを言い、目立たぬ所ですが凝った作りになっている、スプリング受けを切り取り
 ついでに、そんな思いも断ち切り作業を進めてまいります(T_T) 
R0016864



R0016868

 
次回は、板金する際に指標となる木型製作→材料切り出し→板金形成です。

それでは、

 

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


おまたせしました。

。。。。だれも、まってませんネ(-_-;)

前回の

”マフラーつくった。1”

”マフラーつくった。2”

のつづきです。。



で、今度はサイレンサーと、車体を固定するステーを作ります。。。がっ

後ろから見ると上下のサイレンサーが、ちとずれてますね~!

矢印の様に、上が外側に、下が内側にちょっとですけど。



えっ、気にならない?。。。。。。でも筆者は気になっちゃたから直しますけど(-_-;)なにか?

マフラーによっては、あえてずらして付けた方が、かっこ良い場合も結構あるけど、

今回はそろえちゃいます。









微妙なずれには、微妙な切込み♪





で、微妙に曲げて、ハイ溶接ビビビ。





良い感じですなー。。。 わからないですよネ~?(-_-;)





そしたら、本体、サイレンサー間のステーを作ります。

画像にある部品を作りくっ付けます。









好みは人それぞれ違うと思いますが、

ぶらぶらしちゃうとまずいので、エキパイも、しっかり固定できるようにステーを付けて、

(※印筆者はブラブラ派ですけど。。。なんのこっちゃっ(゚Д゚;)







仮付け。





補強も入れて、





ネジも、雰囲気に合わせて、エイジング。

ビフォー





アフター。





完成!

筆者の作業はここまで。

塗装、メッキは依頼主様の判断でお願いします。



























































HOT BIKE シラセ様、OCEANBEETLEノザキ様、ご依頼ありがとうございました。







個人、業者様、各種マフラー製作、その他、カッコ良い物なんでも製作うけたまわります。

(貴店のOEMとしても製作OKです。)





それでは、





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ












こんばんは。

前回

”マフラーつくった。 1”

のつづきです。



こんなネタばかりで楽しい限りです。(-_-;)





上から見た所。



サイレンサーを合わせてみて、えぐり具合を確認。

よさそうですね。





そしたら、あな埋め。





バチバチっと。

今日も素敵なかがやきです。。。





で、逃げが出来たところでもう一度、上からのぞいてみると

ありゃりゃ。。。今度は、スイングアームが動いたときに、アクスルシャフトのナットが当たりそう。





同じように切って、





またまた、バチバチっと。





いつのまにか、下側のパイプも付いちゃいました。

まだ仮付けだけど。。。

全体像はこんな感じ。

あまり見ない形っすね。



これから、固定するためのステーを作ります。

物によってですが、意外とパイプ製作より大変なんです。

このマフラーステーは、まさにそれなんですね~。(-_-;)





こんな、部品を切り出して、





あぶって、あぶってー





まげーる。







またまたまたバチバチっと。





まず、上下のサイレンサーを連結。







で、つづくm(__)m

こ~作好きのみなさま

それでは、





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ






マフラー製作のご依頼。

ありがとうございます。



今回のご依頼車両ショベルヘッドのワイドグライド。





サイレンサーは、ご持参。

で、それに合わせて、エキパイを作ります。



遠方なのでメール、SNSを駆使して、画像や、まんがを書いて確認しながら

お好みの形になるように作業を進めていきます。

さ~どんな形になるのでしょーか。



いい味が出ている元のマフラーも、もったい無いので活躍してもらいます。

さっそく切っちゃいます。





で、とりあえず合わせてみて、

うーん。。。???





サイレンサーはフェンダーストラット近くにセット予定なので、これはこれで

とりあえず合わせて。。。???

サスペンションに当たるし、結構外に張り出しちゃいます。







なので、うーん。。。???なエキパイはアールを調整して仮付け(作業画像はありませ~ん)

サスペンションに当たるところは切っちゃいます。







で、エキパイは本付け。







穴の形で板を切り出して、





板を丸めて、





くっつける。







お次は、フロントパイプ。

これも、良い味が出ているので再利用。

まず切って、







合わせてみて。。。

エキパイより太いサイレンサーは、とーぜん、サスに当たっちゃいます。





→あたったら切っちゃいます。







OH~あながあきました!







次回へつづく。



それでは、







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ


こんばんは。







ご存知でしょうか?

”MOTOBOT”

以前、東京モーターショーに合わせて、YAMAHAが発表した

ヒト型自律ライディングロボットの名称?です。

各メディアでけっこう取り上げられたのでご存知の方も多いかと思います。



このMOTOBOTは、運転のための機構にはいっさい手を加えられていないバイクを、自ら考え、判断して運転することができるロボットで、



なんと目標はMoto GPで6度のチャンピオン獲得経験があるバレンティーノ・ロッシのラップタイムを超えることらしいのです(゚Д゚;)









そしてKAWASAKIから発表になったのは、

人工知能。。。

AI。。。
を活用したモーターサイクルなんです。









まるで、ナイトライダーですね。。。。わかります?(゚Д゚;)



まあ、各自動車メーカーが目指せ自動運転の昨今、バイクメーカーもAIを研究し、追従するのはもはや自然な流れなのでしょう。





生きている間に、どこまで進歩するか楽しみですね。







さて、ここからは、アナログエンジンすたーとです。



前回の(ハーレー サイドナンバー 規制対応?対策?3.)つづき!



テールランプはウインカーのボディーを流用します。

ステーを切り出して用意して、





ステーに穴をあけ、





ネジを切ります。

ヘリサートを入れるので画像はヘリサート用のタップです。





ボディーにステーを溶接!







仮に合わせて具合をみます。。。。。。

う~ん??? 

ちと、さびし~ですネ。





ちょい足し!







研磨して、







バフがけして、





ネジ部に強度を持たせたいので

ヘリサートをいれます。

画像下のばねみたいな物がヘリサートです。





で、配線を通すための穴をあけて、





配線を引きます。







で、できあがり~。

























どこから見てもい~かんじ(^^)

自画自賛!



ちなみに、平成33年からは、左右に対しての角度規制が入るので今回作った湾曲した

ナンバーも✖になります。

なので、その際は平らに作り直して規制に適合いたします。

あしからず!





サイドナンバーでお悩みの方、これから取り付けに思い悩んでいる方、

こんな、カスタムいかがでしょうか?





その他、各種カスタム、人考遅脳を駆使して作業承ります。

個人、業者様、国産、外車を問わず、作業依頼お待ちしてますm(__)m







それでは、







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ








こんばんは。











いきなりですが。。。。。



この車両なんだかわかりますか?









先日、修理のご依頼(エンジントラブル?)で

引き取ってきた”サイドカー”です。



????



どこが、サイドカーって?



なんと、お客様がサイドカーの舟側をフレームごと外しておいてくださいました。

その他、各所がバラバラです。

。。。。すっごい、大変だったと思います(゚Д゚;)

ここまで、作業する方は過去に初めてです。

世の中には、すごい人がいるもんですね。



おかげさまで、うちの車に乗せることが出来ました。

感謝、感謝。



責任をもって修理いたしますm(__)m



ちなみに、お時間をいただければ、サイドカー、トライク等も引き取りは出来るので

ご相談下さい。









さてさて、前回(ハーレー サイドナンバー 規制対応?対策? 2.)のつづきです。



ナンバーのベースプレートは、元々付いていたものを湾曲させ使います。





ベースプレートを、前回作った”にゅるっとした部品”と合体させる為の部品を作って、

そしたらこれを、くっつけて、





研磨して、





車両へ仮合わせ。

そ~です。

これ、片持ちなんですね~。

なので、なるべく軽く、かつ強度が出るようにBOX構造にしてみました。



ナンバーが、車両中心に対して、右にオフセットしているのもなかなかですね~。





で、お次は、

また板を切り出して、





またまた、ふにゃふにゃっと曲げて、





板金して形を整えて、くっつけるー。





仮付け。

これ、配線を通すためのトンネルなんです。





そして本付け。





今度は、ステー本体が回ってしまわないように、回り止めを作ります。









出来たら磨きます。

バフがけ!





アクスルシャフトの取り付け部に回り止めを仕込みます。

お~シンプル!







で。。。











つづく~(-_-;)

次回はテールランプの製作&取り付けです。





それでは、





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村






バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

こんにちは。



前回(ハーレー サイドナンバー 規制対応?対策? 1.)のつづきです。





引っ張ってすみません。

では、はじまりはじまり~。









用意した部品を溶接していきます。

穴が開いているのは意匠的なものではなく、軽くする為の穴です。

これをベースに

車両の後ろから見て十字型のフレームを作ります。





この穴の開いた側面に10mm厚の板を付けて十字型にします。





画像ではわかりずらいですが既に十字型になっています。

今度は薄い板を切り出し、すでに板金した見た目ふにゃふにゃの板を、十字型フレームの4面に貼っていきます。

青い手。。。きもちわるいですね~。

(゚Д゚;)





ふにゃふにゃをくっつけて。





裏側も型紙を作って、材料を切り出し、同じように貼っていきます。





画像では2次元の曲げだけで良い様に見えますが、プラス外側にも曲げる3次元に曲げないといけないので。。。





便利工具、”誰でもかんたん絞り君”と”誰でもかんたん伸ばし君"を使い絞って、伸ばします。

赤マジックの→の所です。







同じように、ほかの面も貼っていきます。





で、溶接のビードをざっと削り、

ん~~にゅるにゅる感が、い~かんじ~。

グ~ですね。







で。。。







つづく。。。(;゚Д゚)



それでは、次回お楽しみに~







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ




お久しぶりですm(__)m



6月以来ブログ更新さぼってました。

仕事はサボっていないのであしからず。



チョッパージャーナル32号発売より約1か月たちますが、遅ればせながらご紹介!



レベルモーターサイクル製作の、ハーレーショベルヘッドカスタム”The Mean Machine”が

掲載されました。



秋の読書週間は10月27日から11月9日。文化の日を中心にした2週間です。!

読書週間のお供に是非おすすめです!!











さて、本題。



ハーレーダビッドソンをはじめ、カスタムシーンではおなじみのサイドナンバー!

かっこいいですヨネ~。

でも、ご存知の方も多いと思いますが、道路運送車両法の規定、省令・告示の規定で

2016年4月1日からナンバーを回転させたり、折り返して取り付けるのが禁止になりました。

これは、4月1日以前に施工した車両も含みます。



ようは、取り付け位置の問題ではなく縦に付けるのが✖と言うことです。

なので、サイドナンバー自体はOKなんです。





でも、サイドナンバー縦ではなく横に付けると思っているより出っぱってじゃまなんですね~

(ToT)/~~~

足を引っかけて痛い思いをした方もいるのではないでしょうか?

こんちくしょ~ですね。



サイドナンバーと言えばほぼ縦についている車両が多いと思います。

法改正後すでに改善した方、今だ思い悩んでいる方、対策に苦慮している方、多いのでは無いでしょうか?



そんな方にご提案!



今回はナンバーのかっこ良い取り付け?方法です。



改善する車両はこちらの車両です。

カッコ良く出来ているのに、”もったいない”ですが、胸を張って乗るため作業スタートです!





では、いつも通り材料を切り出します。

今回はアルミで作ります。







かたちを整えていきます。





さて、どんなkたちになるでしょ~か?

この画像で分かった方は、そうとうなへ・ん・た・いへ・ん・じ・ん!





へん人エンジンをお持ちの方は次回お楽しみにm(__)m



つづく。



それでは、





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ












バイク乗ってますか?



筆者がプライベートでバイクに乗ったのはいつの事でしょう?

愛車の車検を切らして幾年月。

あれから何日?何年?がたちました。









でも、とても快適にオートバイを走らせております。

そう!商売柄、作業後の試乗の為、皆さんよりこまめに、ここちよい陽だまりの中を走り回っています。



とても良い仕事です。。。



以前お話ししたかもしれませんが、筆者はオートバイに乗るのも好きですが、それ以上に

バイクいじりが大好きです。

ここ最近の陽気は作業場にエアコンの無い当店には最高の仕事日和でもあります。





アルミのマフラーを作ってみました。

作り方に決まりはございませんが、今回は木型を作ってから製作しました。

型に合わせてアルミ板を切って、曲げて貼っていきます。







反対側です。







中央部をくっつけて、





空いている所を埋めていきます。





全部張り終わったら均します。





ある程度綺麗になったら。。。。





3つに切っちゃいます



静かなマフラーにする為に見た通り大きなサイレンサーにして

中に膨張室を3つ作りました。





で、またくっつけます。







そして出来上がったのがこれ。

エキパイも作りましたが画像は御座いません









各種マフラー製作承ります。



それでは、







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

こんばんは。



タイトルの通りハンドシフト&スーサイドクラッチ(フットクラッチ)を作りました。



この車両はオープンベルトでミッドコントロールになっています。

既存のシフトペダルをクラッチのペダルとして使います。



そーするとペダル位置がクラッチで使うには微妙な位置になるのでブラケットを少々手直しします。

あら?   製作画像がございませんでした。



こんな感じ。 

矢印の箇所を丸の部分を作り直して前上に移動しました。





ワイヤーも既存の物を加工します。

まず、長さを合わせて(なにに?)





先端も切っちゃいます。





こんなものを用意して。(普通に売ってます)

ワイヤーのエンド部分を作ります。





溶接して、









穴をあけて、









そしたら次に、元々シフトリンケージ(ロッド)が付いていた所にワイヤーを付けられる様に

加工します。

元の穴にそのまま付けられますが、競輪の中野浩一選手の脚力をもってしても微意妙なクラッチワークは

無理と思われる重さになってしまいます(゚Д゚;) 漢(おとこ)のクラッチです。







で、短く切っちゃいます。





形を整えて、ワイヤーを掛けるブラケットを作って、





各部品を合体!





そして、忘れちゃならないストッパーを取り付けます!

ストッパーが付いてない車両結構見ますが、年式を問わずクラッチのレリーズベアリングが(゚Д゚;)になってしまうので

お忘れなく。





で、組み立てるとこんな感じ。





そしたら、シフトレバーを作っておしまいです。

今回は、アルミのパイプで作ってみました。

あんのじょう、製作画像は。。。。。。。



無垢の棒で作ると細ければ問題ないのですが、鉄、ステンレスでこの太さになると、自重が重くなり

ちょっとしたショックでレバーが倒れてギヤが変わり怖い思いをするので気を付けてください(゚Д゚;)















OOTK様ありがとうございました。

慣れるまで気を付けてお乗りください。





ハンドシフト製作承ります。(年式、車種は問いません。 なんでもOKです)

形、仕組みに決まりはございません。

ペダル部リンク形状、シフトレバー形状あらゆる形製作可能です。

ご相談ください。

無いセンスを駆使したご提案も致します。





それでは、



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

こんにちは。





些細な、わずらわしい事。



日々の生活。。。。。



考えてみると ?



ん~



んん~



なんでしょー(?_?)

ここのところ、頭のレスポンスがいまいちで、瞬時に閃きません。(;´д`)トホホな毎日です。





先日ニュースで

「児童虐待ダイヤル”189”、音声ガイダンス短縮へ。長すぎる…途中で切る人続出で」

なんて記事がありました。



そーそー。これっ、”ガ・イ・ダ・ン・ス”筆者はわずらわしく感じてしまいますな~

昨今、相談や問い合わせ等はメールか、電話の場合は決まって”ガイダンス”

流れてきた瞬間”うぁっ きた めんどくさっ⤵”となる方も多いのでは!



頭の中では。。。。。



青息吐息。

意気消沈。

右往左往。

疑心暗鬼。

誇大妄想。

自暴自棄。

多岐亡羊。。。。。



いずれにしても、

すぐ知りたい、すぐ何とかしたいところに。。。。

お電話ありがとうございます。

●●●でございます。

ガイダンスに従って、ご希望の番号を押して下さい。

ガイダンスの途中でも操作可能です。

ダイヤル回線をご使用の方は、

*(こめじるし)またはトーンボタンを押してから操作して下さい。

●●●へのお問い合わせは「1」を、

●●●のお申し込みは「2」を、

●●●に関するご質問は「3」を、

●●●のご変更・至急のご依頼は「4」を押して下さい。

最後に#⃣を。。。。。



と、流れてくると、電話を切ってしまうのはうなずけますネ。





東京新聞によると、茨城・群馬・千葉・神奈川の4県と千葉・横浜・横須賀の3市への調査で、利用者の81%がガイダンス中に通話を切っていたという。さらに、沖縄では利用者の9割超が相談前に通話を切っていたということです。





それぞれの立ち位置で、わずらわしく感じる人、便利に感じる人それぞれだとおもうのですが、

この数字を見るとわずらわしさや、意にそぐわないことがあって、この様な結果になったのでしょう。



電化製品や、役場等への些細な問い合わせであれば、ガイダンス、、待ちましょう。

問い合わせる側、受ける側、それぞれ時間や都合がありますから。



でも、のっぴきならない事は、110番、119番と同じ対応で良いのではとおもいますがどーなのでしょうか?

早ければ4月に改善されるそうですが、良い方向にむかえば、と願います。









さて、違った意味で些細なお話です。

久々更新の”鉄のバイク!”関連について。

このバイク(ショベルFLH、オールドスクール チョッパー?)、じつは、各部凝ったつくりになっています。

原車を見てもなかなか気づいてもらえない個所が結構あります。

でもい~んです。

あたかも、最初からそうであったように見える事を意識して製作、取り付けしたからなのだ~

これ、結構大変なんです。

どちらかというと、”派手にカスタムしましたー”的に作った方が簡単なんです。





で、作ったのがタイトルの”カギ、鍵、シリンダー”

だれも、鍵の取り付けなんて、気になりませんよね!分かってます。

でも、い~んです。



画像右側は汎用のキーシリンダー。

このシリンダーに平板を付けて車体に固定するのが一般的ですがー

”いかにも付けました”になってしまうので、ひと手間!

このシリンダーを付ける為のシリンダーを作ります。

ぴったり合う筒がないので太めのパイプを形成し直して使います。





こんな感じ。





で、真鍮でこんなのを作って、





さっき作った筒の内側も加工して、





底になる部分が気になるので底板を作って、





そのまま円錐だと不自然なので端面(矢印の箇所)を絞りました。





で、溶接してくっ付けます。

見た目のアクセントに少し奥に付けました。





磨いて作った部品を合わせるとこんな感じ。





寂しいので当店のロゴを書いてみたり。。。





で、車体に付ける為のステーを切り出して、





車体に合わせて、イメージ!イメ~ジ





そしたらくっ付けます。





で、車両に取り付けるとこんな感じ、



ネジのエイジングなどもして、









ん~この自然な感じ。

今回も自画自賛です。

きっとこの努力も、いつもの様に誰も気づかず、日の目を見る事は無いでしょう





いつもながら、些細なことですごい時間を使っています。

時間がかかってすみません。。。。



手間をかけずそのまま取り付け早く仕上げるのが良いのか、

時間をかけ、考え、良かれと思う方法で取り付けるのが良いのか、

その中間もあり。。。。。

それぞれの立場に立てば着地点は変わってくるものです。

世の中、白黒なら簡単です。

でも大半はグレーです。。。。。。。



世の仕組みにせよ、カスタムにせよ

どっちよりのグレーにするか見極めるのが、今回の記事ではございませんが”カギ”ですね!

筆者は、いつもカギを無くしてしまって工作に夢中になってしまいます

そんな筆者はアウト~。。。でしょうか?

”鉄のバイク!絡みの画像がまだございますので後程アップします。





それと、お知らせが一つ。

先日、ホットバイク編集部の方がいらっしゃり

この、”鉄のバイク!”(1973ショベルFLH)を

3月号(3月27日発売)に取り上げてくれる事になりました。

是非購入してご覧になってください!。。。。目を皿にして(;゚Д゚)



編集部の皆さま。 

お忙しい所ありがとうございました。







それでは、





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村






バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ






みなさま、こんにちは。

しております。



前回の続き・・・て言うより完成・・・・・・しちゃいました

途中記事抜け多し・・・いつもの事です。 あしからず(-_-;)



製作風景は、各リンクをご覧下さい。

■(ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS マフラー製作編1おまけでミラーステー!)

■(ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS マフラー製作編2)

■(ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS フェンダー取付編1)

■(ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS フェンダー取付編2(フェンダーサポート製作))

■(ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS フェンダー取付編3(フェンダーサポート製作))

■(ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS シート取付編1(シートステー製作))

■(ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS シート取付編2(シートステー製作))



びふぉー。





あふた~。



ノーマルエキパイも手のかけ方次第! 素敵になりました





マフラー、エキパイ共、スリムなエンジンを生かす為に、車体になめる様に付けてみました。





これ、ブレーキペダルのアームもノーマルのリメイクです。



このアームもそうですが、

このバイクのグレーにみえる箇所はペンキではなく、

凹凸のある特殊なメッキを施してあります。

金属の質感を損ないませ~ん。

たまりまへんっ



この、エキパイの寄りっぷり。クリアランス。 

自画自賛



ウインカーのロックナットも無くしてみました。。。。。誰もそんな所は気にしませんか。。。





バッテリー&ヒューズ&リレーカバーです。

スプリングもうまく逃げて、かつアクセントにもなったかな?

なかなかカッコ良く出来ました









フェンダー上面にテールランプ、フェンダーサポートの取付穴を開けずに付けてみました。

配線用の穴は小さくするのではなく、魅せる穴に



フェンダーサポートのフレーム側ステーも9mmの鋼材を使って、あたかもノーマル然に付けました。

そして仕上げはパウダーコート。。。。。はい!

誰も見ないですね









さて。。。。これは何でしょ~?



答。。。バッグステーです。

今回、革のバッグをオーダーメイドで作りました。

しかも、かなり大きいもの。



たいていは、革のベルトでぶら下げて取り付けしてると思います。

でも、荷物をたくさん入れる人のベルト、バッグの底、裏側等かわいそうな状態の方、たまに見かけます。



そんな、リスクを払拭する、ステーを作ってみました。

◎簡単脱着、バッグを使わないときは簡単に外してスタイリッシュに

◎重量物を入れても型崩れせず、走行中も暴れる事もなく超安心

◎旅の使い勝手を考えてカラビナを掛ける穴を用意(FKDさま案)

◎ヘルメットを掛けられるようにフック付き(FKDさま案)

◎ステンレス製(錆の心配がないのでいつでも溶接できる)なのでカスタム可能(フック増設等なんでもOK)





FKDさま、ありがとうございました。

新生ハーレーでバイクライフ楽しんでください!



祈・交通安全





それではみなさん





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ



も、え、あ、が~れ



 燃えあが~れ



 燃え上が~れ ガンダム ~



 君よ ~走れ ~





 まだ 怒りに燃~える 闘志が~あるなら



 巨大な~敵を 討てよ 討てよ 討てよ ~



 正義の~怒りを ~ぶつけろ ガンダ~ム



機動~戦~士 ガンダム ガンダム



 ”翔べ!ガンダム”。。。初代ガンダムの主題歌です。



息子のプラモをちょい拝借m(__)m

カッチョイーじゃないですか

親の好みは、子供にも遺伝するのでしょうか?







ガンダム世代”どストライク”の筆者。

夜明けの田んぼ道を、必死にペダルをこいで向かった模型店。

小、中、高校生。。。大人まで入り乱れてガンプラ争奪戦。

今から、かれこれ三十数年前のはなしです。



1/144スケール。当時300円位だったと思います。

ザク、ズゴック、ドム、ゲルググ、シャー専用シリーズ。。。。なかなか買えず悔しい思いをしました。



1/100シリーズ、1/60シリーズをばっさばっさ買う大人たちを羨望の思いで見つめていたことを

なつかしく思い出します。





大河原邦夫さん。

ご存知でしょうか?



ガンダムの生みの親です。

メカデザイナーとして多くのヒット作品を世に送り出しました。



ガンダムより悪役のジオン軍のモビルスーツにときめいた方も多いのではないでしょうか。

機械好きの方はお分かり頂けるのでは?



大河原さんも、筆者もアニメ好きでは無く、機械の造形に心惹かれる機械オタク



カミングアウトしちゃいました。。。。。えっ!も~気づいているって(;゚Д゚)

しかも、前置きながっ!









。。。。。。。さて、今日も魂の声を形にしてみしょう。



まず、シートベース。



部品を作って、

途中画像は・・・





溶接。





合体。







そして、バッテリーカバー。

材料をよ~い。





切って、





ま~げ~て~。





溶接っ。





そしてお次は、

とりあえず、材料よ~いっ。





削って、穴をあけて、、、、今回は画像がチョー手抜きでごめんなさい(-_-;)

で、出来たのがこれ!

何かわかりますか?

わかったあなたは、変態 素晴らしい。





またまた、材料を切り出して、





形を整えて、





さっきの部品と合体っ





バッテリーカバーの押さえでしたー。

あれ、シートスプリングが当たってしまいますね









ガンダムをデザインするとき好き勝手にデザインしたわけではなく、次の様に言っています。



「主役メカのガンダムは玩具として売れなければいけないので、メーカー側からの制約も多かったのですが、敵メカのザクは当初は玩具になる予定はなかったので、自由にデザインできたんです。当時、私が考えるロボット兵器の理想の形で描くことができた。それだけに思い入れが強いメカです」






市販の部品を使い制約のある中で、”如何にかっこよく仕上げるか”というのも一つの考えです。



がっ、単純に素敵なバイクを目指し、自由にデザインして作る。

これもまた、カスタムに対しての贅沢な考えではないでしょうか。



そのような考えに至った時に、こんな私にお付き合いして頂けるお客様に本当に感謝です。









アイデア源泉は日々あふれ、

空からは、



 Boy Meets Girl 幸せの予~感 きっと誰かを 感じてる~

   Fall In Love ロマ~ンスの神様 この人でしょうか~

   (ロマンスの神様/広瀬香美)


そう、きっと素敵な出会いが!



。。。。ちがうちがう、



トイレ~には それはそれはキレイな~

   女神様が~いるん~やで

   だ~か~ら~毎日~ キレイにしたら 女神様~みたいに

   べっぴんさんに~なれるん~やで

   (トイレの神様/植村花菜)


毎日の繰り返しが大切。きっと筆者もベッピンさんに!(;゚Д゚)





。。。。。ちがうちがう、





そう、アイデアの神様が降りてきます。

最後まで前振り長すぎっ!



















これ、敵キャラですよね?

色がそんな感じ。

やっぱり、敵キャラはかっこいいんです。

自由な発想。





それでは、



ヒーテック製品期間限定早期割引中!

詳細はこちら

お早めに!





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ


こんにちは。





朝晩寒くなりました。

バイクで走る時、鼻の奥から目にかけて、冷たい指で押されたような、ツンとするあの感じ。。。

秋も深まりもうすぐ冬です。





そして、”インフルエンザ”や”ノロウイルス”もちらほら話題に登場するようになりました。





インフルエンザは、昨年よりも流行時期が早まるとの予測があるようです。

そして、更に今年のノロウイルスは新型のウイルスみたいですね!





国立感染症研究所では今年の秋以降、新ウイルスが主流になった場合は

それまでに獲得した免疫が役に立たなくなり、例年にない大きな流行になる可能性があるといっています。





ですが、

幸いにも、健康であれば症状が軽くすむそ~です。。





その為には、規則正しい生活と免疫力をアップさせる事が大切です。

ちなみに、免疫力アップには、乳酸菌を含むヨーグルトなどが効果的みたいです。

アロエヨーグルトが結構好きです。









ところで、気温は下がっていきますが、カスタム熱は依然下がることを知りません



そして、筆者の脳ミソは、金属の質感あふれる造形を目くるめく思い描き

日々、右脳をフル回転して”てんやわんや”のお祭り騒ぎです。。。。。左脳は多少さび付き気味でしょうか?





さて、そんな右脳パワーを動員して

ソフテイルにソロシートを付ける為のシートステーを作りました。

今回も地味~な内容なので悪しからず



細かい部品をいくつか作っていきます。

まず、ステーが摺動して軸が摩耗する事が考えられるので、摩耗しにくいようにブッシュを作ります。

ブッシュを入れることによって、せっかく作った部品を変える事なく長く使うことが出来ます。



ガタガタのまま我慢するのは、(;´д`)トホホですからネ!









材料を切り出して形成していきます。





細かな部品が出来たら、





溶接!





またまた、地味に部品を作ったら。。。





溶接!





そう!今日も!溶接フェスティバル





      。

      。

      。

      。

      。

とても素敵に出来ました。

金属の質感タマリマヘン

所で、これ、どこの部品かわかりますか?







        。 

        。 

        。

        。

        。

幸いにも、健康であればあるほど症状が重くなります。。。



規則正しい生活をして免疫力をアップさせても、この感染症は治りません。

ちなみに、免疫力アップには、乳酸菌を含むヨーグルトなどが効果的みたいですが

この感染症には一切効果はありません。

恐るべし”H-Dウイルス”

















治療はレベルモーターサイクルカンパニーで!!

処方箋お出ししております。







それでは、





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

こんばんは。





などとおっしゃらずに。。。

マニアックな内容にも拘らず、ここの所大好評の当ブログ!



飽きずにご覧頂きありがとうございます。

そんな変人なあなたに工作が好きなあなたに

今回もいつもと変わらず地味な作業のご案内です。





”ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS フェンダー取付編2(フェンダーサポート製作)”

の続きです。

フェンダーサポートに、フェンダーを付ける為のステーを取り付けます。



材料を切って、





形を整えて、





取り付け位置、角度を決めて溶接!





綺麗に付きました





次にフェンダー側ですが。。。

フェンダーに穴をあけてそのまま止めちゃうのが簡単なので、そーしたい所ですが、

ちょっと待ってください。



何故かといえば、フェンダーは平らではないので、

ナットやボルトの座面が浮いてしまいネジが緩みやすくなります。

さらに、最悪フェンダーが歪む事も。。。。。





なので、ねじを切ったソケットを作り、フェンダーに、取り付けます。





ここも、位置、角度、張り出し等を注意して溶接!

さらに、フェンダーの板厚が薄く溶接後に結構歪みが出るのでそこにも配慮します。





狙った位置、角度に付きました。





後でナンバーステーをフェンダーに取り付けるので補強しておきます。

材料を切り出し、形成して、





ここも、歪みが出るので最小限の溶接で!







次に、ナンバーステー(ナンバーブラケット)を作ります。

これも、またまた材料を切り出して、形成!





形成したものを合体!





ちょっと”く”の時にして。。。。。お~い~感じ!

どんな風に付くかは後程







テールランプもフェンダーサポートに取り付けるので、お次は、その加工です。

”キジマ”から出ている汎用のテールランプを使います。

部品番号は。。。忘れました

気になる方はお問い合わせください。調べます。



一般的な付け方は、テールランプにある穴を利用してフェンダーとねじ止めするのですが

かっこよく、自然な感じに付けたいので、ここを取っちゃいます







ドリルでもんで。。。。





分離成功

このままだと、ボルトとナットを使って脱着する事になるので、とても面倒

なので、板厚を厚くして、ねじを切り、たてこみで付けられるようにします。





材料を切って、







穴をあけて、







で、溶接!





それから、テールランプを付ける為に、先ほど外した部品を使いブラケットを作ります。

罫書いた所を切って、





いらない穴を埋めて、





綺麗に埋まりました







で、出来た部品をくっ付けます!

ここらへんかな~







綺麗に付きました





それで、どんな風になったかと言うと

お~~い~感じ!

今日もっ。。。自画自賛~!







読売新聞、一面の編集手記です。

そこに、作家の村上春樹さんのエッセーの一文が紹介されていました。



”非効率な中にこそ真実・心理が潜んでいる”

日々、非効率極まりない、地味な作業に没頭している筆者には

とても、とても。。。。励みになり、そして心にしみる一文でした。





皆さんは”非効率の中の真実、”おわかり頂けますか?





それでは、







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村






バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

キャブカバー(エアクリーナーカバー)を作りました。作り直しました。

作業はいたってシンプル

粘土細工の様に、切って、貼って、くっ付けて、形を整えるだけ!

作業の一番のポイントは、うえ、した、ななめ色んな場所から眺め、妄想する事。

これにつきます。




リフォームリメイクカスタム



これ、オーナーのTTI様持参品です。

エンジンはショベルヘッド。

S&Sのキャブレターに取り付けします。

まず、車体に合わせてみます。





良い感じですね。。。。。でも。。。。



?の時は、改善するべし!

板を切り出して貼って見て、





ハサミでチョキチョキ形を整えて、





仮付けだった物を、本溶接。





キャブレターに取り付ける仕組みが無いので、取り付けられるように加工!





ねじ穴で使うソケットを作って溶接します。





均して、

でも。。。う~ん





リブを削って、肉盛りし形成し直します。

途中画像は・・・・・・ございませんでした





磨いてみて、

お~い~かんじ







でも、も~一息

すそが、物足りない。。。

イメージはスカートの様にふわっと。。。エレガントに。。。

そんなことを妄想し、さらに肉盛りして、





形成して、





磨いて、(バフがけ)





い~~感じ。

有機的な感じがたまりません!


まるで、中世の甲冑!鉄仮面!  かっくいい~







正面、





斜め前、





斜め後ろ、





上、





前面、





どこから見てもい~感じ!自画自賛!

後程エイジング処理を施してフィニッシュします。



いろんな部品のリメイク承ります。基本どんな物でもOKです。

デザインの提案や、ゼロからの製作も可能です。

あなただけの、素敵な一品!如何でしょうか





それでは、





にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
にほんブログ村




バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ

まぶたに触れる、あたたかく、やわらかな手。

心地良いまどろみの中、さらに奥へと進すすむ。

現れるのは子供の時、思い描いた雲のベッド。



そう、ここは、居眠りワールド。

またの名を、お昼寝の時間。



秋の旬な現象ではないでしょうか?



日々、お昼には満腹中枢にエネルギーを注入され、活性化した居眠りワールドに

いざなわれていきます。



下野新聞のコラム「雷鳴抄」に居眠りについての記事ありました。





「世界が認めたニッポンの居眠り」(ブリジット・シテーガ著)は、人前で居眠りするのは日本人特有の習性だと指摘







ふむふむ。   習性ですか。。。。。。

さらに、ウィキペディアで見てみると、





居眠り(いねむり、英: Inemuri)は、公共の場や職務中において睡眠すること。日本において顕著に観察される慣習である







さらに、





NASAの実験によれば、日中の睡眠によりワーキングメモリの効率が高まる。つまり他の作業に関わる情報を忘れずに記憶しつつ、目の前の作業により集中できるようになる。

(ワーキングメモリ:簡単ではない作業を行う際に特に必要となる基礎機能)







そう。

もうお分かりですネ!

NASAの実験を実践し、日々作業の集中を図っています。







さて、そんなことより、

フェンダーの後端を支えるフェンダーサポートの取り付けステーを作ります。





材料を切り、







形を整えて、







溶接!







9mmの鋼板を使いました。

ゴツくてカッコ良い!

。。。。。そもそもステーにかっこもも無いですか??。。。(;゚Д゚)





ステーが付いたら、フェンダーサポートを作ります。

(参考までに、シーシーバーも作り方は同じです。)





材料を切って形を整えます。

その他のパーツも作ります。

一本で作ってもよいのですが、いくつかの部品に分けて作ると立体感がでてカッコよく思うのは

筆者だけ。。。。ではないと嬉しいです。







曲げて、









溶接!







合わせてみて





イメージが違うので切っちゃうぞ、







角度を変えてまたくっ付けます。

さて、結果は。。。。。





い~感じ!でも、この写真じゃ全然わかりませんネ







そして、各部品をくっ付けて、

とても良い感じ。

自画自賛!

続きは、後程!









集中力を養うべく、皆さま”おやすみなさい”。。。。。



それでは、







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村






バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ


こんにちは。

秋彼岸を過ぎて朝夕は、めっきり涼しくなりました。

ようやくしのぎやすい季節となり、ライダーの皆さまは、心ウキウキ忙しい日々を送っていることと思います。



さて、

バイクを所有していて、

リヤフェンダーをカスタムしたいと考えている人、結構多いのではないでしょうか?



今回はハーレーで作業していますが、SR,W650,その他色々、基本はそんなに変わらないので

是非、参考にして下さい。





まず、リヤフェンダーを外します。





フェンダーを外すとフェンダーを支えているフレームが出てきます。



フェンダーストラットを、初めから切ってしまう予定の車両は何も考えなくてよいのですが

フェンダーストラットを必要とする車両でも、やはり切断して、フェンダーの位置、大きさ等に

合わせ、小粋にデザインして作り直した方が、結果、自然にかっこよく仕上がるのでその方がお勧めです。











なので切っちゃいます。(切り取った物を取っておけば元に戻すことも可能です。)

何を使って切断するのかたまに聞かれます。

今まで、プラズマカッター、セイバーソー等を使って切断を試みましたが、

サンダーが一番良い様な気がします。







切り取ったら、研磨用の砥石で形を整えて、









そして、今回は窪んでいる個所を平らにします。

パテを使う業者さんも結構いらっしゃいますが、溶接したいしたい病の筆者は





板を切り出し、





曲げて、





溶接する前にペンキを剥がして、





くっつけます。







均して、





こんな感じ!







反対側も同じ作業を!

良い感じになりました





スイングアームの余計なタブを切断して、均します。







で、今回は汎用のフェンダーを使います。

鉄板から作るよりは、時間と、費用をかなり抑えることが出来ます。

V-TWINで扱っている部品です。

興味のある方は部品番号お教えします。





で、このフェンダーそのままだと、スイングアームに取り付ける仕組みがないので

取り付けられるよう加工していきます。









次に、スイングアーム側にもステーを作ります。

材料を切って、





形を整え、簡単に脱着できるようメネジを切っておきます。





作業を容易にする為に、スイングアームを外して作業します。





先ほど作ったステー2個を溶接します。





で、フェンダーをねじ止めしてみます。

狙った位置に付くか確認します。

良い感じです。







今回はここまで。

次回に続きます。

お楽しみに~



それでは







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村






バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ












↑このページのトップヘ