≡ LeveL Motorcycle Company. ≡

レベルモーターサイクルカンパニー
カスタムバイクショップ
小排気量から大排気量まで車種を問わずカスタムします。
かっこいい物、製作承ります。
栃木県下野市下古山3251-2 Tel&Fax 0285-53-8518 携帯 080-5459-6508 Mail: level39jp@gmail.com

関東運輸局認証番号 第6-2712号
栃木県下野市にて営業中。
小排気量から大排気量まで車種を問わずカスタムします。
かっこいい物、製作承ります。

2017年04月

こんにちは。

キャンペーンのご案内です。

バイクをカスタムしたい人必見。

5月中受付で、フルカスタム費用通常見積もり価格より20~30%OFFで作業
承ります。

ホッドロッドカスタムショーや、他のカスタムショーに出展しても良い方のみ対象となります。
お引受け台数に限りが御座いますので一杯になってしまった場合はご了承ください。
詳細はお問い合わせください。



ご依頼お待ちしておりますm(__)m




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
mixiチェック

こんにちは。

前回のつづき・・・完成です。

で、名古屋で行われたカスタムサイクルショウ"JOINTS"に出展してきました。
 
はじめての"JOINTS"です。
長距離のドライバーさんて凄いなどと思いつつ車を走らせポートメッセ名古屋に到着。
約5時間30分かかりました。
腰辛かった・・・

搬入を済ませて、翌イベント当日。
凄い人に圧倒。ビックリです!・・・(汗)

有名店さんの車両をよ〜く見て、いちいち感心して、写真を撮って、

ヒデモの富樫さんもパシリ。(右側の人です)
お話ししたかったのですが、ノミの心臓の筆者はこれが限界。
まるでストーカーみたい( ;´Д`)
次回機会があれば板金ハンマーに、サインでも頂きたいものです。


チェリーズカンパニーさん。
RIMG0015

マフラーの中に遊び心。
RIMG0016

この二店は、車両の周りにある空気まで素敵に感じます。

zeroのレーサー。
木村さんがzeroにいる頃のバイク?
へたすると、10何年前に作った物?
やっぱりカッコ良い。
RIMG0025

RIMG0026


GRAVEL CREWさん
まとまっていて、綺麗な車両です。
古くなって、さびが出ても間違いなくカッコ良いバイクですね。
さび、きず、油にじみが増えるたびにかっこ良くなっていく・・・いい。

チェリーズカンパニーさん、ヒデモーターサイクルさんのバイクも正にそれですね!
いや~いいっ!

RIMG0013

キャンディーモーターサイクルラボラトリーさん。
絶妙なバランスと色使いがカッコ良い。
RIMG0007

下の画像、キャンディーさんが、以前ショーに出展していたSRです。
この車両、生で見ると最高です。
画像だと伝わりにくいのがすごく残念。
とても良い刺激を受けた車両です。
{D4D5E1F4-B38A-4010-AA27-2638E0C2EBDB:01}

そして、レベルモーターサイクルさん。
って、自分ですけど・・・

RIMG0041

RIMG0040

RIMG0039

RIMG0048 (1)

RIMG0051

RIMG0050

RIMG0049


お手伝いのふたり。
鉄男と鉄子。
RIMG0042 (1)
RIMG0045 (1)


そして、”COOL"賞いただきました。(^_^)ニコニコ
オーナーのTTI様、ありがとうございました。
RIMG0043 (1)



つづく。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
mixiチェック

こんにちは。

前回の、ベルトカバーにつづき、チェーンカバーを作ります。

今まではオーソドックスな板のタイプでした。
自分で作っておいて言うのも何ですが、これはこれで、良く出来ていると思います。
材質ステンレスでエイジング処理、各部ステンレスリベット留め、真鍮ドット埋め込み、とどめにお尻のステンレスチップ。
捨てちゃうのもったいないですが先に進まねば。
 

カスタム車両の多くは、ほぼこの板のタイプか、付いていないのがほとんどです。
それはそれで、カスタム感があってかっこ良いのですが、
今回コンセプト(いつからあったか知りませんが・・・)は"普通の感じ" 
 で作っているので、フツーのを作ります。
(どこが?と思う方もいるかと思いますが一応そうゆう事になってしています。)

 
まず、アルミの板を丸めて端の部分にアールを、つけます。
ここから、さらに細かく形成していきます。

 
 
車体に合わせて 具合を見ます。
フツーで良いですね。
もう一息。

・・・さらに、加工していきます。
フレームの、逃げを作って、その他、細かな所を、切り取ったり、付け足したりして、メリハリを出していきます。
・・・うん。ふつう。

・・・さらに加工して、ステーも作って磨き、きれいになったら、おきまり、エイジング処理を施します。
 
ふつーの形です。
いい~。
Good。 
自画自賛です。
 
そうこうしているうちに、シート屋さんから連絡が入り、打ち合わせです。
打ち合わせと言っても、車両を見ていただきシート屋さんのセンスに、ほぼ、お任せ!
この段階で既にかっこいい!
"餅は餅屋"と言いますが"まさに"痛感です。
今回は、日本屈指のカスタムシートファクトリー"BackDrop "さんに作って頂きました。
作業途中画像 と出来上がり画像:BackDropさんブログより)
仕上がり具合、最高です。 
宮崎さん、ありがとうございました。 


 

あと、今回リヤフェンダーを取ってしまったので、フェンダーで隠れていた、
オイルタンクの後ろが丸見えになっちゃいました。
丸見えだとのぞかれちゃうので、カバーを作りました。

のぞかれちゃう仲間の、フロントフェンダー裏側と、同デザイン。
一般的にペラの板が多いようですが(あんまり見えないからそれが普通ですよね。)これは、箱状になっていて、ちらりと見える側面もなかなかグ~。
そして、エイジング処理もぐ~。
でも、ほとんど見えない(;゚Д゚)


さーお次は・・・


つづく。


  にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
mixiチェック

こんにちは。

前回の、つづきです。
 ・・・ちょっと、材料を大きく切りすぎましたね(汗)
さてこれからどうする・・・?
あちこちから眺めて・・・
R0017370


切って、削って・・・
R0017374


ほぼ形に!
突貫工事につき途中画像は、ごめんなさい。
で、ベースになる部分も作って、車体に合わせて様子を見ます。
んー良い感じ。
満足。

いい感じになったら、磨いてピカピカ。

ピカピカになったら、他の部品同様エイジング処理を施し味を出します。

おー
とても素敵になりました。


お次は、チェーンカバーだ。



つづく。




にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
mixiチェック

こんばんは。

4月22日、23日は、"ポートメッセなごや"で行われるcustom cycle show JOINTSへ参加する為、お休み致します。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんm(__)m
お急ぎの方はお手数ですが、携帯電話、SNS等は繋がるので、ご連絡下さい。
宜しくお願い致します。

mixiチェック

こんにちは。

前回の続きです。

ジャカジャカジャ〜ン。
降りてきた神様は〜ベルトカバー(シュラウド)の神様でした!

以前フロントプーリー側を作って、リヤ側は何も無い状態でしたが、やっとリヤ側も降りてきました。
型紙(カレンダーですけど)で大体をイメージ。

材料を切って形成していきます。

とりあえず合わせてみて・・・

いろんな角度からながめて・・

・・・・・

・・・・・・・・・・?

違う神様が降りてきてしまった様です。(-_-;)
さようなら。 
作り直します。


さー材料を切り出して・・・



にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
mixiチェック


こんばんは。

記事では、なかなか表現しづらい事。
それは、考える時間。
サクサク作っている様に思われるかもしれませんが、実は、作業している時間より考えている時間の方が長いんです。

形であったり、取付方法であったり、空気感…等々。

結局

煮詰まる事、ひじょ〜に多いです。
で、ある時降りてきます。。。閃きの神様が!

なので、 それまでフラフラと、あっちやったり、こっちやったりの、落ち着きのない有様になっちゃいます。 
それぞれの神様が落ち着きなくやってきますから(;´д`)

と、いう事で、
シートカウルと並行して、こまごまと幾つか部品を作りました。

まず、フロントフェンダー。
不思議と、このての車両はフロントフェンダーが、ほとんどと言っていいくらい付いていません。
なので付けちゃいます。
個性的に!

型紙を作ってから、

材料(アルミ)を切り出して、
 
リブなんか入れて見たりして、
 
フェンダーのアールに合わせて、
 
形を整えて。。。さて、これ、なんでしょ〜?
 




これ、フェンダーの内側に貼っちゃいます。
我ながら目の付け所が違いますねー。



て言ってっ・・・・そもそも、
誰もそんな所、
み・ま・せ・ん・ねっ・・・∑(゚Д゚) 
 


さて、次。
材料を用意して、

けがいて、ハサミでチョキチョキ♪

 で、板金形成。
さて、笹かまみたいな、これは〜~なんだっ! 
 
磨いてみて、 ・・・きれいなままでは終わりません。
後程、エイジング処理を施しステキな風合いに!
 


答え。
こんどは、フェンダーの表側にペタッと! 
アクセリー的要素とフェンダーステーを兼ねています。 
我ながら変なセンス良いセンス。


で、車両に合わせてみて…

取付ステーを、バチバチッと、施工。

 
  FullSizeRender
FullSizeRender
さ〜次に降りてくる神様は…。


つづく。




 
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
mixiチェック

こんにちは。

4月7日。
朝はあいにくの雨でしたが、お昼前には桜が映える絶好の快晴になりました。
娘の入学式。
なかなかの好スタートです。


10代の、このうえなく大切な三年間。
すてきな時間になると良いですね。

父は精一杯応援します。





さて、前回のつづきです。
シートカウルにフレームと合体させるためのベースプレートを付けます。
取付ネジの逃げも合わせて作ります。
 


フレーム側も取り付け部を付けます。




お次は、シートパン(実際にシートを張るベースプレート)を作ります。
シートカウル本体と同様、FRPではなくアルミで作ります。

シートを張ると結局見えなくなってしまいますが金属がいいんです。
子供の頃、プラモデルに金属パーツが入っていると、みょうに興奮した事ござませんか?
オールダイキャストなんて、もう、もったいなくて作れなかった。。。。
そんな感じ。。。。。。わか・・・ら・・な・い?
少々"おたく"はいっていますか?(-_-;)
・・・まーそんなことは、おいといて、
R0016993






びみょうな所ですが、若干シートの前部をフレームにかぶせたいので、巻いておきます。

 
フレームの逃げを作っておきます。


シートパンとフレームの固定用のタブと
取付プラグ(メネジのカラーみたいな物)を施工します。








 

ここまでできたら、シート屋さんにシートを張ってもらいます。
いってらっしゃ~い




つづく。 



  にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
mixiチェック

↑このページのトップヘ