こんばんは。











いきなりですが。。。。。



この車両なんだかわかりますか?









先日、修理のご依頼(エンジントラブル?)で

引き取ってきた”サイドカー”です。



????



どこが、サイドカーって?



なんと、お客様がサイドカーの舟側をフレームごと外しておいてくださいました。

その他、各所がバラバラです。

。。。。すっごい、大変だったと思います(゚Д゚;)

ここまで、作業する方は過去に初めてです。

世の中には、すごい人がいるもんですね。



おかげさまで、うちの車に乗せることが出来ました。

感謝、感謝。



責任をもって修理いたしますm(__)m



ちなみに、お時間をいただければ、サイドカー、トライク等も引き取りは出来るので

ご相談下さい。









さてさて、前回(ハーレー サイドナンバー 規制対応?対策? 2.)のつづきです。



ナンバーのベースプレートは、元々付いていたものを湾曲させ使います。





ベースプレートを、前回作った”にゅるっとした部品”と合体させる為の部品を作って、

そしたらこれを、くっつけて、





研磨して、





車両へ仮合わせ。

そ~です。

これ、片持ちなんですね~。

なので、なるべく軽く、かつ強度が出るようにBOX構造にしてみました。



ナンバーが、車両中心に対して、右にオフセットしているのもなかなかですね~。





で、お次は、

また板を切り出して、





またまた、ふにゃふにゃっと曲げて、





板金して形を整えて、くっつけるー。





仮付け。

これ、配線を通すためのトンネルなんです。





そして本付け。





今度は、ステー本体が回ってしまわないように、回り止めを作ります。









出来たら磨きます。

バフがけ!





アクスルシャフトの取り付け部に回り止めを仕込みます。

お~シンプル!







で。。。











つづく~(-_-;)

次回はテールランプの製作&取り付けです。





それでは、





にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村






バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ