こんばんは。





などとおっしゃらずに。。。

マニアックな内容にも拘らず、ここの所大好評の当ブログ!



飽きずにご覧頂きありがとうございます。

そんな変人なあなたに工作が好きなあなたに

今回もいつもと変わらず地味な作業のご案内です。





”ハーレーをカスタムしよ~! FXSTS フェンダー取付編2(フェンダーサポート製作)”

の続きです。

フェンダーサポートに、フェンダーを付ける為のステーを取り付けます。



材料を切って、





形を整えて、





取り付け位置、角度を決めて溶接!





綺麗に付きました





次にフェンダー側ですが。。。

フェンダーに穴をあけてそのまま止めちゃうのが簡単なので、そーしたい所ですが、

ちょっと待ってください。



何故かといえば、フェンダーは平らではないので、

ナットやボルトの座面が浮いてしまいネジが緩みやすくなります。

さらに、最悪フェンダーが歪む事も。。。。。





なので、ねじを切ったソケットを作り、フェンダーに、取り付けます。





ここも、位置、角度、張り出し等を注意して溶接!

さらに、フェンダーの板厚が薄く溶接後に結構歪みが出るのでそこにも配慮します。





狙った位置、角度に付きました。





後でナンバーステーをフェンダーに取り付けるので補強しておきます。

材料を切り出し、形成して、





ここも、歪みが出るので最小限の溶接で!







次に、ナンバーステー(ナンバーブラケット)を作ります。

これも、またまた材料を切り出して、形成!





形成したものを合体!





ちょっと”く”の時にして。。。。。お~い~感じ!

どんな風に付くかは後程







テールランプもフェンダーサポートに取り付けるので、お次は、その加工です。

”キジマ”から出ている汎用のテールランプを使います。

部品番号は。。。忘れました

気になる方はお問い合わせください。調べます。



一般的な付け方は、テールランプにある穴を利用してフェンダーとねじ止めするのですが

かっこよく、自然な感じに付けたいので、ここを取っちゃいます







ドリルでもんで。。。。





分離成功

このままだと、ボルトとナットを使って脱着する事になるので、とても面倒

なので、板厚を厚くして、ねじを切り、たてこみで付けられるようにします。





材料を切って、







穴をあけて、







で、溶接!





それから、テールランプを付ける為に、先ほど外した部品を使いブラケットを作ります。

罫書いた所を切って、





いらない穴を埋めて、





綺麗に埋まりました







で、出来た部品をくっ付けます!

ここらへんかな~







綺麗に付きました





それで、どんな風になったかと言うと

お~~い~感じ!

今日もっ。。。自画自賛~!







読売新聞、一面の編集手記です。

そこに、作家の村上春樹さんのエッセーの一文が紹介されていました。



”非効率な中にこそ真実・心理が潜んでいる”

日々、非効率極まりない、地味な作業に没頭している筆者には

とても、とても。。。。励みになり、そして心にしみる一文でした。





皆さんは”非効率の中の真実、”おわかり頂けますか?





それでは、







にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村






バイク(ハーレーダビッドソン) ブログランキングへ