<br><br> レベルモーターサイクルカンパニー、ショップ、ハーレーショップ、カスタムショップ、ハーレー、ハーレーダビッドソン、ロードホッパー、修理、ストリートグライド、ヘッドガスケット、シリンダースタッドボルト、カスタム、エアクリーナー、ショベル、チョッパー、スポーツスター、コイルステー、コイルブラケット、ワンオフ、ナロータンク、タンク加工、フェンダー加工、マフラー、マフラー製作、オートバイマフラーの製作、バイクのマフラー製作、ツーリングモデル、ダイナ、看板、サイン、アイアン、鍛鉄、鍛金、栃木県、宇都宮市、下野市、そば、蕎麦、溶接、雑学、sr、w650<br><br>

おはようございます。



ふと、閃きました。

お金です。 マニ~です。

みなさん何の事だとお思いですか?



”硬貨” 材料にもってこいでは。

何の材料かと言うと、

”メーカー名””型番”が刻印されている、金属プレートです。



今は、数は使わないのでその都度切り出しています。



でも、材料として買うと結構高額ですし、ある程度の大きさで買うので使いきれません。

板材で作ると捨てる所が結構でてもったいない。



”アルミ、黄銅、青銅、白銅、ニッケル黄銅”バリエーション豊富!

錆びずに質感もあり大きさも手ごろ!

手間がかからない。



す・ば・ら・し~



でもダメですね。

貨幣損傷等取締法と言うのが御座いました。



ところで、お金の原価ごぞんじでした?











さて、タンクを製作します。

使用するのはTTI様持参のタンクです。

何のタンクかはわかりません。

車両に合わせた結果、幅と取付る高さを変更することになりました。

まず、切断して





溶接するので、あらかじめサンドブラストを使って塗装を剥がしておきます。

下の手はアシスタントの軍手君です。





取り付ける位置を決めます。

アシスタントの軍手君はすぐサボるので

オーナーのTTI様にお手伝いして頂きました。

この時はまだ左右のタンクは溶接していません。

なので、持っていてもらえるととても助かります。









位置が決まったら、意匠的にタンクの左になる部分にも、キャップの口(ダミー)を付けておきます。

左右のタンクをお好みの幅に切断してくっ付けます。

ジブリの”かおなし”の様ですね!

タンクのセンターが若干尖った様に仕上げたい為、上側より下側を多く切断してあいります。







エンジンに干渉する底面を切断して取付高さを決めます。







タンクの裏板を作っていきます。

まずはエンド部を少し大きめに作ります。







そして、あっという間にタンク裏側ほぼ”しゅ~りょ~”

またやってしまいました。画像が無いので大変さが伝わりませんね。





次に、燃料コックの取付口と、バイパスパイプを作っていきます。

”画像は忘れずに”




それでは、 みなさん
鉄のバイク! マフラー製作編 1
鉄のバイク! マフラー製作編 2
鉄のバイク! マフラー製作編 3
鉄のバイク! マフラー製作編 4
鉄のバイク! タンク製作編 1
鉄のバイク! タンク製作編 2
鉄のバイク! ジョッキーシフト製作?違うよ!ハンドシフトレバー製作編
鉄のバイク! ハンドル製作編 1
鉄のバイク! ブレーキペダル製作編
鉄のバイク! ステップ製作編
鉄のバイク! フロント周り色々編  1
鉄のバイク! こどもの日つくった物!
鉄のバイク! シートステー製作編
鉄のバイク! エアクリーナーカバー(キャブカバー)製作編
鉄のバイク!シートカウル作った。 1
鉄のバイク!シートカウル作った。 2
鉄のバイク!シートカウル作った。  3
鉄のバイク!シートカウル作った。 4
鉄のバイク!こまごま、つくった。 フロントフェンダー
鉄のバイク!こまごま、つくった。 素敵なベルトカバー 1
鉄のバイク!こまごま、つくった。 素敵なベルトカバー 2
鉄のバイク!こまごま、つくった。 素敵なチェーンカバー!
鉄のバイク!2017 JOINTS
鉄のバイク!ロアカバー作った。
鉄のバイク!フロントフォークカバーを作った。
鉄のバイク!サイドナンバーじゃない素敵なナンバーステーを作った。