<br><br> レベルモーターサイクルカンパニー、ハーレー、カスタム、ショベル、チョッパー、スポーツスター、コイルステー、コイルブラケット、ワンオフ、ナロータンク、タンク加工、フェンダー加工ツーリングモデル、ダイナ、栃木県、宇都宮市、下野市、溶接、雑学、sr、w650<br><br>

こんにちは。



その後のクローバーです。



のびました?

えっ!なに言ってるの?と聞こえてきそうなので本題へ。。。



寺門ジモン。。。知ってました?

  

寺門寺門→寺門ジモン。。。ゴメンナサイ

では、改めて!







純正のパーツを取り替えてしまう方多いと思います。

今ハーレーを取り囲む世界は、無限の純正カスタムパーツや、アフターマーケットパーツであふれかえっています。







灯台下暗しとは良く言ったものでノーマルは、大きさ、構造、デザインのバランスが非常に良くできています。

そこで、提案です。

外装、その他部品も、元の物を仕立て直して使う!。。。いかがでしょうか?

(理想があわない場合は、金額は上がりますが、まるまる製作する事も可能です。ご相談下さい。)







これから紹介する車両はダイナローライダー純正の外装を仕立て直して制作した車両です。

タンクは幅を詰めて、取り付け位置を低くしています。









各部逃げが必要になります。





エンジンの逃を作った為、シートよりの燃料が行き場が無くなってしまいました。

容量が少なくなるので少しでも燃料を効率よく使いたいので後部にもバイパスパイプを取り付けました。





後ろから見た時のナロー感、クビレがたまりません。

ボン、キュッ、ボン!ですね!









リヤフェンダーは長さ、厚み(タイヤのかぶり具合)を詰めています。

詰めた所はサイド、後部とも淵を加工して厚みを持たせ質感、立体感を持たせています。

プラス、気になる方も多数いらっしゃると思います。。。。。この塗装!

深みが純正とはまるで違います。

キャンデイーカラーですが、なんと10層以上塗っています。

あらゆるペイント承ります!







サイドナンバーは後ろはもとよ横から見た時の立体感を持たせるためにボックス構造にしてみました。

メッキで仕上げるのは簡単です。がっ。。。

あえて手間をかけて、アルミと、ステンレスを使用し、金属の質感を生かして仕上げませた。した。

本物感ががぜん違います。

この、立体構造!意外に作っている所は有りません!









これも、あらゆる形、位置、材質、お引き受け可能です。



上の画像はアルミ、ステンレス、真鍮(ブラス)を使用して立体構造で制作しました。

ステンレス、アルミ、真鍮はあえて質感を出すために、エイジング加工を施してあります。

光ってるのが好みの方はピカピカに仕上げる事も可能です。

ユーザー、業者様ともご相談ください。





ありがとうございました! それでは