こんにちは。

今年も無事一年を過ごす事ができました。
ひとえに皆様のおかげです。
ありがとうございました。m(__)m


さて、前回のつづきです。

とは言っても、
ホットロッドカスタムショー2018
直前の作業でバタバタしていて
オイルタンク製作過程の画像は、
ほぼございませんでした。

鼻歌交じりで作業していた頃は
パシャパシャ製作画像も撮っていたので
次回以降ご紹介したいと思います。

では、オイルタンク製作過程の
数少ない貴重な(;´Д`)画像です。

材料切り出し。
アルミです。
FullSizeRender

真ん中の突起がオイルの注入口で、その他三か所の突起がオイルタンクのマウントです。
黒い所が防振ゴムになっています。
FullSizeRender

車両に合わせて、大きさ、
デザインを決めます。
FullSizeRender

スポーツスターのシートが付いている付近の
フレームは、どうしてもお尻下がりになって
しまいます。

そうならない為には、リヤサスペンションをかなり長いものにするか、その部分だけフレームを作り直さないといけません。

この車両も、リヤサスペンションはノーマルより長いものに変えてありますが
例にもれず尻下がりになっています。

この種の車両は、お尻が上がっている方がかっこ良いので、フレームの作り直しも考えましたが、費用もかさむ為、視覚効果で上がっているように見える様がんばってみました。
如何でしょう?

シートカウル、オイルタンクの
アウトラインとあわせて、オイルタンク
の表面を板金して窪ませ、おしり上がりを
表現しました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

しかし、素材の表情を生かせるアルミは、バイク、車では、最高の素材ですな~。
セクシ~。
FullSizeRender

フロントフェンダー、マイクロナセル?、
エアクリーナーカバー、マフラーの製作過程も後ほど記していきます。

あわせて、EVOヘリテイジのカスタム状況も
ちょこちょこご紹介していきます。
IMG_0715

メーカー、車種を問わず、小排気量から大排気量までカスタムお引き受けいたします。

2019年度も引き続き、ユーザー様、業者さま、作業依頼お待ちしております。m(__)m

それでは、よいおとしを~






にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


バイク(ハーレーダビッドソン)ランキング